ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 21:21
>鍵コメさん スンゴク..
by Tukasa-gumi at 21:15
しかしながら、やはりデビ..
by levin-ae-111 at 20:53
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:33
こんにちは(^^♪ ま..
by levin-ae-111 at 09:29
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 00:32
私も時々は、夢であったり..
by levin-ae-111 at 19:38
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 20:52
これまた・・・・|д゚)..
by levin-ae-111 at 20:10
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49








無料アクセス解析











                            
<< 『とじた目を見開くキリスト像』... < > 夏場の長袖はファションだけでは... >>
                            
「木は情報と栄養素を交換し母木は子供の木を認識する」/ TED動画


おとぎ話なんかじゃない「木は人間のように話し合う」=加UBC大教授
2016/08/13 概要


木が互いに話し、情報を交換する。

 カナダ・ブリティッシュコロンビア大学森林科学教授の
スザンヌ・シマール氏は少なくとも80回の科学実験を通じて、
木は人間のように、仲間とコミュニケーションをとることが
できることを証明した。

「木は互いに情報と栄養素を交換する」
「母木は自分の子供を認識する」




日本語字幕でどうぞ
Suzanne Simard:
How Trees Talk To Each Other | TED Talk | TED.com






『木の“悲鳴”、聞き分けに成功 ナショナルジオグラフィック』



植物は意識をもっていますよネっ!?
/ 借りぐらしのアリエッティ」










【おまけ】
『恐怖の中で死んだバッタ、土壌に悪影響を及ぼす 研究論文』/ AFP









【追記です】
世界最大・最古の樹木 総重量6千トンのポプラの森
2016/08/26

 米ユタ州のフィッシュレイク国立森林公園には、パンド(Pando)と呼ばれる世界最大のポプラの森がある。約106エーカー(42万9千㎡)という広大な大地に広がるこの森は、約4万7千本のポプラの木からできている。専門家の分析により、この森のポプラ全てが1つの根を共有していることが明らかになっている。それはつまり、この森がたった1つの木からできているということを示している。

 世界最大であるとともに、パンドは世界最古の木であるとも考えられている。その推定樹齢は8万歳。米農務省のパンドウェブサイトには、「この森は1つの種子から発生したポプラのクローン群で、地下で成長を続けた根系のあちこちから新たな幼木が芽吹き続けた結果、時を経て広大な森に成長した。そのため、全てのポプラは同一の遺伝子を持っている」と説明されている。
・・・・・・















.



 もし、木が互いに話す、情報を交換する、コミュニケーションをとることができると言われたら、あなたは信じられますか? 子供たちが読むおとぎ話の中のことで、現実にはありえないと思うかもしれません。最近、この「おとぎ話」は事実だということが、科学で証明されました。

 カナダ・ブリティッシュコロンビア大学(UBC)森林科学教授のスザンヌ・シマール(Suzanne Simard)氏は少なくとも80回の科学実験を通じて、木は人間のように、仲間とコミュニケーションをとることができることを証明しました。この実験結果はインターネットで大変な話題になりました。

 「木は互いに情報と栄養素を交換する」「母木は自分の子供を認識する」

 シマール教授は6月に開催された、講演動画サイト「TED」主催カンファレンスで、「木は互いにどのように話すのか」をテーマに講演しました。

 教授は、小さい頃から森に大きな興味を持っていました。実際に、森の中で木たちが仲間とコミュニケーションしているかどうか、25年前からカナダの森で実験を繰り返しました。

 実験は次のように行われました。▽実験対象のカバノキ、モミとヒマラヤスギの3種類の木を事前にそれぞれをビニール袋で覆う ▽カバノキに放射線を含む炭素14、モミに対して炭素13を注入 ▽一定の時間経過して、根部が互いに繋がっているカバノキとモミから放射線を測定

 結果、カバノキとモミは根部を通じて、それぞれの炭素を交換していました。しかし、根部がカバノキとモミと繋がっていないヒマラヤスギからは放射線は測定できませんでした。

 教授はハイテクの測定機械を使い、木は炭素のほかに窒素、リン、水、また防衛シグナル、アレル(対立遺伝子)物質とホルモンを交換し分け合うことも確認しました。













まるで「星の王子さま」ですネっ!?



















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-08-13 11:23 | 図書 | Comments(4)
Top↑
Commented by levin-ae-111 at 2016-08-13 20:37
これは有り得るだろうと思います。樹木だけでなく、草も恐らくは意志疎通をしているかも知れません。
Commented by Tukasa-gumi at 2016-08-13 22:51 x
植物> levin-ae-111さん

今回の実験で『科学で証明された』ことが
とても重要だと思います。
(トンデモ学説ではなく)


more内
>少なくとも80回の科学実験を通じて、木は人間のように、仲間とコミュニケーションをとることができることを証明しました。・・・・

広く浸透したなら、
社会が変化するきっかけになるかもしれませんネっ。

「木」がそならば、とうぜん「草」もしかりですし

そうなると生き物すべてに当てはまることに !?!




木は自分の身長の5〜6倍の高さのアンテナ?を持ち、
それで他の木々とコミニュケーションをとっている
と聞いたことがあります ですョ。


Commented by levin-ae-111 at 2016-08-14 12:04
私の体験ですと、悪ガキだった私は、何時も棒切れでフキノトウを叩き切って遊んでいました。
ある時、何時もの様にフキノトウの群落へ行くと、風も無い
のに群落全体が騒めいたのです。彼らは私を見て恐怖したに
違いありません。それ以来、その様な遊びは止めました。
Commented by Tukasa-gumi at 2016-08-14 23:12 x
植物>> levin-ae-111さん
フキノトウも凄いですが、
levin-ae-111さんもすごい?ですェ。

そういえば船井さんの本に、
「植物は自分たちの進む未来を決めている」
みたいな文章がありました。

植物や地球は人間に見切りをつけて
自分たちで先に進むかもしれませんネっ ?!



アクセス解析
<< 『とじた目を見開くキリスト像』... 夏場の長袖はファションだけでは... >>