ASPアクセス解析
AX                
                            
<< フィリピン共和国の国章が変更さ... < > ネオTOKYO・ブースカと都知... >>
                            
越南「当事国どうしが解決すべき」⇒「中国を支持する」/ 報道
なるほど中国とフィリピンの南シナ海問題、
「当事国どうしが対話を通じて解決すべきだ」と言うことは、
「中国の立場を支持する」という意味なのですネっ。


NHKニュース
中国の国営メディアは、李克強首相がベトナムのフック首相と会談し、南シナ海を巡る中国の主張は国際法に違反するとした国際的な仲裁裁判の判断について「当事国どうしが対話を通じて解決すべきだ」と主張したと伝え
・・・・




b0003330_9485535.jpg






新華社ソース
李克強はベトナムの首相と会見して越えます:仲裁案の立場に対して中国側を尊重します。
・・・・・










曰く、
赤い色の国は中国を支持しているそうです。


b0003330_100414.jpg











  【付録】
中国、南シナ海をめぐる紛争に介入しないよう日本に促す
2016年07月15日

















.



李克強はベトナムの首相と会見して越えます:仲裁案の立場に対して中国側を尊重します
2016-07-14 22:02:32
http://m.guancha.cn/Neighbors/2016_07_14_367546.shtml



新華社のウランバートルは7月14日にニュース(記者の田棟林建と楊)の国務院総理の李克強は現地時間14日午後にウランバートル宿泊ホテルでベトナムの首相の阮春福と会見します。


李克強は表して、中国とヴェトナムの関係は去年来積極的な発展の勢いが現れて、海上、陸上、金融は協力して3線が並行して進めて初歩的な成果を得ます。中国側はともっと方が発展戦略をドッキングするのを加速するのを望んで、堅固に生産能力が協力するのを進めて、できるだけ早く優先する領域の協力プロジェクトを確定してスタートさせて、二国間の貿易バランスが持続的発展が可能なことを推進します。海上を強化して協力して、北部湾湾の長城以北の地方海域を完成するのを加速して共に後続仕事を考察します。積極的に人文交流を拡大して、両国の民衆特に若い世代の友好的な感情を増進します。双方が共に努力するのを望んで、両国の全面的な戦略的協力が健康で安定的で前へ発展するのを推進します。



阮春福は表して、ベトナム中は同志の兄弟を加える関係、双方の共通の利益が相違で遠大だです。このはベトナム共産党の十二大の後で両国の首相の初めての会談を結んで、両国関係に対して重要な意味があります。越えてヴェトナムと中国の関係を対外関係する1等で優先する地位に置いて、両国の高層を引き続き維持して付き合いを望んで、各領域の協力で平衡がとれている健康の発展を推進して、双方の成立する共通認識によって、二国間の海上の問題が構造を交渉して進展を遂げるのを推進して、適切に相違を訴えるのを管理して、当地区の平和と安定のために貢献を作り出します。

南シナ海の問題に言及する時、李克強は指摘して、いわゆるフィリピン南シナ海の仲裁案に関して、中国側の承認して受けない立場は明確だです。10数年前、中国はとアセアン国家は《南シナ海各方面の行為の宣言》が成立して、南シナ海地区の長年の平和と安定を確保しました。未来南シナ海を処理する問題はやはり(それとも)、を尊重していて歴史の事実の基礎の上で国際法と《宣言》の規定、によってその局面に当たる方から二国間対話を通じて(通って)適切な解決を交渉します。もっと四角く中国とヴェトナムの関係の大局から出発するのを望んで、両国関係の容易なことではない発展の勢いを大切にして、共に好南シナ海地区の平和と安定を守ります。

阮春福は表して、つに越えてフィリピン南シナ海の仲裁案の立場に関して中国側を尊重して、対話を通じて(通って)協議して適切に紛争を解決すると主張します。




ーーーーー




【NHK】
中国・ベトナム首脳が会談 南シナ海問題を議論
7月15日 5時28分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160715/k10010596281000.html

中国の国営メディアは、李克強首相がベトナムのフック首相と会談し、南シナ海を巡る中国の主張は国際法に違反するとした国際的な仲裁裁判の判断について「当事国どうしが対話を通じて解決すべきだ」と主張したと伝え、この問題で国際的な圧力が強まることを避けようとするねらいがあるものとみられます。

中国国営の新華社通信によりますと、李克強首相は14日、訪問先のモンゴルで、南シナ海の島々の領有権を巡って争いが続くベトナムのグエン・スアン・フック首相と会談しました。
会談では、李首相が南シナ海を巡る中国の主張は国際法に違反するとした国際的な仲裁裁判の判断について「認めず、受け入れない」とする立場を改めて示したということです。また李首相が「当事国どうしが対話を通じて解決すべきだ」と主張した一方、フック首相は「対話を通じて紛争を解決したい」と述べたということです。
中国としては、領有権を巡って争うベトナムと対話する姿勢を国営メディアを通じてアピールすることで、「仲裁裁判には南シナ海の問題を扱う権限がない」とする政府の主張を強調した形です。また、15日からモンゴルで開かれるASEM=アジア・ヨーロッパ首脳会議などの場で国際的な圧力が強まることを避けようとするねらいもあるものとみられます。








.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-07-16 09:45 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< フィリピン共和国の国章が変更さ... ネオTOKYO・ブースカと都知... >>