ASPアクセス解析
AX                
                            
<< バイオリンレッスン /『フィオ... < > 人が熱を加えて調理するのはナゼ... >>
                            
「日本は劣化している!?」/ ソファー購入から搬入
今回は毒を吐きます。



心の鎧を付け忘れた方はスルーしてください。











長かったァ〜・・・

何が長かったかと言うと
○印○品のアウトレットソファーがやっと
私の部屋に鎮座したことです。



そもそもこのソファーと出会ったのはかれこれ一ヶ月ほど前。


何気に○印○品さんの店舗を覗くと
ソファーがお買い得価格で販売している。


その値段は40,000円也っ。

しかもカバー付きのプライスである。



以前買ったソファーはスプリングは問題ないのだけれど、
ウレタンがへたっているのと、度重なる洗濯でカバーがすり切れ状態。


手頃なソファーを探して早1年はたとうとしている。


ポケットコイルのソファーで4万円だったら申し分無し。

...ということで、さっそく店員さんに
「このソファーは組み立て式かどうかを尋ねました。

(我が家は二階にあるので大きな家具は階段が通らないのです)



新人の店員さんが
カタログを見たり電話で問い合わせして下さるのですが、
イマイチはっきりしない。





ちょうどお昼休みの時だったので
「仕事が終わったらまた店舗に寄ってまます」と
店員さんに名前と組み立て式かどうかをメモしてもら
店を後にしたのです。



当日、「回答」を聞くために
仕事の帰りにお店に再び足を運んだのですが・・・、


何故か、申し送りがなされていない。






仕方がないので初対面の店員さんに一から説明する。


PCとカタログでじっくりチェックしてもらい
組み立て式ではないことが判明。


聞けば「下見」という無料のシステムがあり、
搬入可能かどうかを業者さんが家まで見に来てくださるとのこと。





「ほう、これは便利で有意義」と思いさっそく
日時指定連絡方法と追加のソファーカバーの有無を確認をして
帰路につきました。




翌日、「下見」の電話を入れるも
「担当の者に代わります」と云われ
余りにも待たされたので(私から)電話を切りました。



しばらくするると○印○品さんから電話があり
(私の番号は伝わっていたのですネっ)
希望の日時を伝え了解をもらう。

ついでに追加のソファーカバーの有無を確かめるも、
即答できないのでソファーの代金を払う時までに
教えてもうらことにする。






「下見」は前もって時間帯の連絡が電話で入ることになっていたのですが
前日も当日も電話はナシ。


つまり、「下見」には来て下さらなかったのです。



翌朝、○印○品さんに電話を入れました。


これが「担当の者におつなぎいたします」と言って
またされる 待たされる。

(私のケータイは「かけ放題」ではないので「料金の発生」が困る)




ここでまた(私としては)問題が発生。


電話口に出たのは「新たな担当者」でしたので、
ソファーの話から「下見」の話しまで、
最初から説明しなけれなならない始末。

(これが一苦労)


もちろん、「カバー」の話しも通っていないかったので
改めて説明し連絡をもらうことにいたしました。



この辺りから店員さんにはしつこく
「名前を言うだけ、用件が分かり(伝わり)ますか?」
と念押しするのですが、

「分かるようにしておりきます、、大丈夫です」
との返事をいただいているのですが・・ダメなのですョ。





翌日、○印○品さんから電話があり下見なしで搬入し
入らなければ持って帰ることで話がつく。

(入らない場合は「料金発生せず」)



カバーに関しては2種類オーダーメードが可能で
その費用はおよそ18,000円也。


「ソファーの在庫が残り24点しかない」とのことで、
取り置きをお願いして翌日店舗まで支払いに行きました。







およそ一週間後、
前日と搬入前に業者の方から電話連絡があり
部屋で待機。



てっきり段ボールからソファーを出して部屋に入れると
思っていたらそうではなく段ボールのまま
階段から部屋に入れるとのこと。


それじゃぁムリだァ と思った通りに、
やはり階段のコーナーが曲がり切れない。

「下見はなかったのですか?」と業者さんに問われたので
「来てくれなかったのですョ」と答えた私です。



「ロープでつり上げで窓から入れるしかない」
ということで業者さんと意見が一致し、
泣く泣く、ソファーを持ち帰ってもらう羽目になりました。



しばらくして○印○品さんから「返金にしますか?」との
電話があり「イエイエ、つり上げで入れることになりまし」
「つきましては後日「つり上げ料金」を支払いに行きます」
と伝える。



クレジットカードで料金を払うだけなのに
わざわざ担当者を呼んで支払いをすませる。
(この「担当者」の出現まで、かなり待つ)

ついでなので、
「どのファブリックがオーダー出来るのか?」をまたまた
新たな店員さんに問うも(やはり)話が伝わっていないので
またまた一から買うに至ったいきさつから全て説明する。


・・・すると返って来た答えは、
「この品番ですと、すべての布地でオーダーメイド出来ます」とのこと。



アレっ?! 前回と話しが違うなァと
しつこく聞きましたところ、やはり
どのファブリックでもオーダーは可能と判明。

「なんだァ、急いで注文する必要はないんだァ」と
胸をなで下ろすも不信感がつのる。





イロイロ聞いているとどうやらこのお店、
ほとんどがアルバイト成り立っており
正社員はやや年配の男性のみらしい。


紙で電話での会話等を申し送りしているも、
『客番号/注文番号の記載がないらしく、
申し送りのメモを見つけるのが大変らしい・・・(推測)。

(何しろ「用紙」さえ統一されていませんでした)





そんなんで、
これで今までの「対応」の理由が判った私でした。



確かにソファーの件で4回以上足を運んだのですが、
幾度すべて初めて見る店員さんばかりでした。









ようやく搬入の日が到来っ。



前回のように当日事前に電話連絡があると思っていた
私が悪うございました。


♪ピンポ〜ン と玄関のチャイイムが鳴る。



搬入業者さんの登場である。



ここでまた「申し送り」な無さが判明。



説明が難しいので端折りますが、
道路側からの搬入ではないことを
「またもや説明」する私。


「聞いてはいません」とばかりに、
4人のスタッフが「あーだ」「こーだ」と
ソファの入れ方を模索している。

(旋回来て下さった方にベランダから入れると説明し、
 チャンと下見・確認してたもらったのですけどネっ)





結果として無事ソファーは部屋に入り、
結果オーライなのですが、
今までの苦労とエネルギー消費を考えますと、
「日本 劣化している」を如実に体験した次第でした 


・・・しかしこれが海外にも店舗を繰り広げるお店ですから。









『ブラインドのヒモが切れた/そして舗装 レンガ 』
















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-03-22 00:12 | あれ〜〜っ? | Comments(4)
Top↑
Commented by an at 2016-03-22 11:34 x
○ジグラムというマニュアルのあるお店でしょうか。
何年か前にマニュアルで「しっかり管理」みたいな記事を読んだ記憶があり、参考にもしていたのですが難しいですね。
最終的には一人一人の責任感になるのでしょうかね。
それとも、「意識」の差でしょうか。
雇用条件と従業員の管理など矛盾するところもいろいろあると思いますが、結果的には劣化なんでしょうね。
Commented by Tukasa-gumi at 2016-03-22 22:22 x
>an さん


余りにも多種多様な商品を取り扱っているので、
「担当者」に話しをしてもらいたい・・という、
スタッフの気持ちもわかるのですが・・・

それが「気持ち」だけで「形になっていない」ので
大変困ったしだいになったワケです。



正社員を増やすということが、
ある意味一番の近道なのでは?

と考える私です。


毎度コメント、ありがとうございます。




>「○ジグラムというマニュアル・・・」
知りません。

どんな内容なのでしょうか?





Commented by an at 2016-03-23 14:07 x
>内容
ごめんなさい、内容はぼんやりしかわからなかったのですが、項目等を参考にしていましたよ。
二年前の日経BPネットに記事がありました。
今日入ったアルバイトがすぐ仕事をできるように、とかなんとか。
記事によれば何か問題があれば更新もしていくとも書いてありましたよ。
その記事を読んでいたのでちょっと残念だなぁ、思ったのです。
ム○グラム 内容 でヒットすると思います。

>正社員を増やす
それが一番、客にも正規社員になりたい従業員にもよい形ですよね。
Commented by Tukasa-gumi at 2016-03-24 01:03 x
>>an さん
「○ジグラム」我、発見せりっ。

しかし13冊/1,683ページもの分量の
およそ15年前のマニュアル。

果たして現在の『体制』にも活かされているのか
ギモンに思えます。

(ブラック企業でないかぎり、
 完読はムリでしょう?!)


よい情報を教えていただきました。


懲りずに、またのコメント
お持ち申し上げております。




アクセス解析
<< バイオリンレッスン /『フィオ... 人が熱を加えて調理するのはナゼ... >>