ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31




無料カウンター

無料



最新のコメント
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 21:21
>鍵コメさん スンゴク..
by Tukasa-gumi at 21:15
しかしながら、やはりデビ..
by levin-ae-111 at 20:53
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:33
こんにちは(^^♪ ま..
by levin-ae-111 at 09:29
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 00:32
私も時々は、夢であったり..
by levin-ae-111 at 19:38
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 20:52
これまた・・・・|д゚)..
by levin-ae-111 at 20:10
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49








無料アクセス解析











                            
<< レバノン『12歳の少女と中年の... < > オバマよ「誰が主人か分かってい... >>
                            
台湾『 行方不明のマレーシア機のパイロットは生きていた! 』/ デイリーポスト
ビックリニュースが飛びこんで来ました。





【要約】
2013年3月に姿を消したマレーシア航空MH370の機長
ザハリエ・アフマド・シャーが、
月曜日に台湾の病院に運び込まれた。


主治医によると彼は記憶喪失の状態である、
しかし彼の指紋から方不明のマレーシア航空MH370の
パイロットだと身元が判明したとのこと です。





Taiwan: MH370 Pilot mysteriously resurfaces almost 2 years after his flight vanished over China Sea
February 10th, 2016

台湾:シナ海の上で彼のフライトが消滅した約2年後に、
MH370パイロットは神秘的に再浮上する






b0003330_14161323.jpg





b0003330_14242666.jpg
Dr. Sulong says that it is impossible to say how long it will take before his patient is able to regain his memory, but he is convinced that over time, he should be able to overcome his amnesia.











『行方不明のマレーシア航空機』/ 続々・関連メモ
















Taiwan: MH370 Pilot mysteriously resurfaces almost 2 years after his flight vanished over China Sea
February 10th, 2016 | by Barbara Johnson

http://worldnewsdailyreport.com/taiwan-mh370-pilot-mysteriously-resurfaces-almost-2-years-after-his-flight-vanished-over-china-sea/comment-page-8/


Taipei| The pilot of the infamous flight MH370 of Malaysia Airlines that disappeared in March 2013, Captain Zaharie Ahmad Shah, has mysteriously reappeared in a Taiwan hospital on Monday, suffering from severe dehydration and some type of amnesia.

The 53-year-old pilot was transported at the Taipei Adventist Hospital by a couple of villagers from a nearby town. They claimed to have found the man while he was lying unconscious on the banks of the Tangshui River.

He finally woke up almost 16 hours after arriving at the hospital, but couldn’t remember his name or how he arrived in Taipei. He was rapidly identified, however, thanks to his fingerprints, instantly attracting a lot of attention from the media and from various Asian governments.

The doctors who have been treating since his arrival believe that he may be suffering from regressive amnesia, caused by a major stress or life-threatening situation.

“The patient seems to have undergone a lot of stress lately, and the amnesia is probably an unconscious self-defense mechanism,” claims Dr. Syed Boon Sulong. “The patient is still very weak and sick, and his brain seems to be blocking access to a certain part of his memory, in order to protect him from pain that these memories could generate. His health is too fragile for the moment, but over time, he should able to remember everything.”


Many people hope that Captain Shah will now be able to bring answers concerning Malaysia Airlines ‘s Boeing 777-200ER, that disappeared on 8 March 2014, while flying from Kuala Lumpur to Beijing.

Despite all the efforts of the international community, the faith of the infamous flight remains unclear, almost 2 years after the events. Hopefully, as Mr. Shah recovers his memory, he should be able to bring answers to many questions concerning the 12 Malaysian crew members and 227 passengers from 15 nations that were on board.



台湾:シナ海の上で彼のフライトが消滅した約2年後に、
MH370パイロットは神秘的に再浮上する

2月10日、2016 | バーバラ・ジョンソン

台北| 2013年3月に姿を消したマレーシア航空MH370の機長ザハリエ・アフマド・シャーは、謎のように出現し、重度の脱水症状と記憶喪失に苦しんでいるところを、月曜日に台湾の病院に運び込まれた。

53歳のパイロットは近くの町から村のカップルが台北アドベンティスト病院へ搬送された。彼らは、彼がTangshui川のほとりに意識を失って横たわっていた男を発見したと証言している。

彼は病院に到着して、ほぼ16時間後に目が覚ましたが、彼は自分の名前を覚えてなかったし、どうやって台北に来たのか解らなかった。彼は瞬時にメディアや様々なアジア諸国政府から多くの注目を集めたが、彼の身元が確認されたのは指紋のおかげだった。

彼の治療にあたっている医師は、重いストレスや生命を脅かす状況によって引き起こされる、回帰記憶喪失に罹患している可能性があるとしている。


「患者は最近たくさんのストレスを受けているようだ、記憶喪失はおそらく無意識の自己防衛機能であると、サイード・ブーン・スロン博士は主張している。


「彼の脳が記憶の一定の部分へのアクセスを妨げているようだ。患者がまだ非常に衰弱しているため、記憶が甦る苦痛から彼を保護している。時がたてば、彼はすべてを思い出すことが出来る筈だと述べている。


スロン博士は、患者が記憶を取り戻すのにどのくらいの時間がかかると聞かれても答えることはできないが、時間をかければ彼の記憶喪失を克服することはできるはずと確信しているという。

多くの人がシャー機長に2014年3月8日に、姿を消したマレーシア航空ボーイング777-200ERに関する回答を願っている。
国際社会すべての努力にもかかわらず、事件の約2年後も不名誉なフライトの信頼が解明されないままである。

ミスター・シャーの記憶回復がうまくいけば、彼はボード上にある12人のマレーシア人乗組員と15か国227人の乗客に関する多くの質問に対する答えをもたらすことができるはずだ。
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-02-21 14:14 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< レバノン『12歳の少女と中年の... オバマよ「誰が主人か分かってい... >>