ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 13:17
コメントした時点で、被害..
by levin-ae-111 at 05:43
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 18:24
お早うございます。 カ..
by levin-ae-111 at 08:32
>ぴよぴ さん お初..
by Tukasa-gumi at 23:51
合歓木の花のように見えま..
by ぴよぴ at 03:59
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:26
将来は偉大なアスリートに..
by levin-ae-111 at 09:22
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 00:06
全く感じ無かった。 鈍..
by levin-ae-111 at 17:21








無料アクセス解析











                            
<< カルビー 業務用ポテトチップス... < > 『ロシア、2029年に有人月探... >>
                            
動画『ボトル水の値段は水道水の2,000倍っ!』/ AQUAFINA(アクアフィーナ)
先日のベジタリアン・ホットドッグに
10%の動物性蛋白質が含まれ、
2/3のサンプルから人間のDNAが検出されている


衝撃的でしたが、
今回のペプシ・コーラのAQUAFINA(アクアフィーナ)」の水が
水道水だった
  


これ昨年には Food & Water Watch で云われてことで
いろんな意味で私的には『消費者の常識』っ。







それより気がかりなのは
麻生さんが「麻生副総理・水道を全て民営化します」と
米国で発言した
こと。

(こりゃあ 大問題ですっ)









しかし、
ボトル水の値段は水道水の2,000倍っ!!



こりゃぁ儲かりますよネっ。


(それに大手メーカーの微炭酸水、全世界に輸出するほど
 水源が豊富なのでかとってもギモンです、あたくし)




アメリカの消費者団体「フード&ウオーターウォッチ」の調査では、
現在市場に出回るボトルウオーターのうち、約半分は水道水とのこと。

るアクアフィーナ(Aquafina)やダサーニ(Dasani)などは
水道水をフィルターに通しただけに近いそうです。












それでは、コチラの動画をどうぞ。

The Story of Bottled Water (2010)









『最近の水 怪しくない? / ?ウォータービジネス 周辺?』







健康な食事に認証マーク 厚労省、来春導入へ
2014/7/28


 厚生労働省はコンビニやスーパー、
宅配サービスなどの弁当や総菜を対象に、
栄養バランスの取れた「健康な食事」の
認証マークを導入することを決め、
28日からデザインの募集を始めた。
来年4月に開始する方針。
・・・・・








字の読めない舶来人には良いかも?!?
























【海外発!Breaking News】水道水だった『アクアフィーナ』に消費者怒り「それなら値下げしろ」(米)
2015年10月29日 17:45 by Joy横手

世界的シェアを誇る水、「AQUAFINA」に激震(画像はmetro.co.ukのスクリーンショット)

ボトルウォーターにおいては世界トップブランドの「AQUAFINA(アクアフィーナ)」。これが天然水だと思ったら大間違い、なんとただの水道水であった。長く浮上していたその疑惑について少し前にメーカーのペプシコ社が認めたものだが、消費者の間からは「水道水ならもっと安い値段で出せたはずだ」との不満の声が続出しているもようだ。

採水国はアメリカ、炭酸成分はゼロとされるも、採水地についてこれまで具体的な説明がなかった「AQUAFINA(アクアフィーナ)」。大変飲みやすい軟水で赤ちゃんのミルク作りに使用していたというママも多く、世界約30か国以上で愛されてきた。しかしその水を“天然水”だと思っていた人は残念ながら勘違いをしていたようだ。

『USA Today』紙は少し前、メーカーのPepsiCo(ペプシコ)社はかねてから出ていた“ただの水道水ではないか”との疑惑を肯定し、そのラベルに水道水由来であることを示すP.W.S.(Public Water Source)という文字を入れることになったと報じていた。水道水となると非常に原価が安いため、メディアは消費者を代表して「私たちは騙されていた。原価の2000倍もの額をその水に支払ってきた」としてメーカーを強く叩いていた。

またペプシコ社にそのことを問いかけた米インターネットメディアの『inverse.com』は、2か月近く経ったこのほどやっと広報担当者からの回答を得たと伝えた。「“Hydro-7”という7ステップからなる精巧な濾過システムを採用しているため、品質や飲みやすさには相変わらず大きな自信を持っている」というポジティブな内容であったという。なおこの件に関しては、ほかにコカ・コーラ社の「Dasani(ダサニ)」も原料が水道水であったことをすっぱ抜かれている。

美容や健康のために水をタップリと飲めと言われるなど、現代において水の販売はビッグビジネスである。人々を騙すような紛らわしい表示で“天然水”と勘違いさせているボトルウォーターは意外にも多い可能性があり、その場合はもっと安い価格での販売を考えるべきであろう。
[PR]
by tukasa-gumi | 2015-11-02 18:19 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< カルビー 業務用ポテトチップス... 『ロシア、2029年に有人月探... >>