ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 13:17
コメントした時点で、被害..
by levin-ae-111 at 05:43
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 18:24
お早うございます。 カ..
by levin-ae-111 at 08:32
>ぴよぴ さん お初..
by Tukasa-gumi at 23:51
合歓木の花のように見えま..
by ぴよぴ at 03:59
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:26
将来は偉大なアスリートに..
by levin-ae-111 at 09:22
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 00:06
全く感じ無かった。 鈍..
by levin-ae-111 at 17:21








無料アクセス解析











                            
<< 『ケシュ財団・福島へ放射能汚染... < > 『ケッシュ財団フリーエネルギー... >>
                            
『原発事故で降った全国各地のセシウムの量』/ 新聞報道
中日新聞・東京新聞(10月3日朝刊)の文部科学省発表、
3月から5月の原発事故で全国各地に降った
セシウムの量累計 という掲載記事の表が
ネットで 話題に あるのですが・・・




どうして四国の高知県の数値が高いのでしょう?

夏(6~9月)の南(南西)風の時期ではないと思いますし、
この動画を見てもあまり影響がないように思えます。





どなたかその理由をご存じの方、
ご教授よろしくお願いいたします。





b0003330_1051175.jpg






3月12日5時から5月1日0時までの
セシウム137の積算沈着量予測。
厚生労働省掲載図

b0003330_16482630.jpg











動画 Katastrophe in Japan 2011
b0003330_1841422.jpg




















以下は、セシウムの数値が大きい順から
宮城・福島両県はなぜかデータなし
単位:ベクレル/平方メートル

茨城県 40660.0
山形県 22502.0
東京都 17318.0
栃木県 14490.0
埼玉県 12480.0
群馬県 10320.0
千葉県 10095.0
神奈川県 7730.0
岩手県  2973.0
長野県  2492.0
静岡県  1286.0
山梨県  408.8
秋田県  346.5
青森県  137.5
新潟県  84.5
高知県  72.8
福井県  62.1
三重県  50.3
富山県  32.2
岐阜県  27.2
石川県  25.9
鳥取県  20.8
和歌山県  19.1
大阪府  18.3
愛知県  17.5
兵庫県  17.2
徳島県  16.4
北海道  16.4
京都府  14.8
奈良県  14.0
滋賀県  13.5
愛媛県  13.3
香川県  11.2
宮崎県  10.0
島根県  9.5
沖縄県  9.0
岡山県  8.9
広島県  8.4
山口県  4.7
長崎県  3.2
大分県  2.3
福岡県  1.7
鹿児島県  1.5
佐賀県  1.4
熊本県  0.3












気象特性
7. 風配図および、風速別の風向出現比率
イ. 春(3月から5月)の風配図および、風速別の風向出現比率
 3月から5月(春)の風向は、年間風配図と傾向が酷似しており、日変化の風(海陸風)となることが多く、200度(南南西)で7.3%、30度(北北東)で5.1%と多くなっています。
風速も年間風速別風向出現比率と同様、0から20KTで200度(南南西)が、21から30KTでは360度(北)の風が吹きやすく、南北の風で強い風が吹きやすいのが特徴です。
[PR]
by tukasa-gumi | 2015-10-20 12:04 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 『ケシュ財団・福島へ放射能汚染... 『ケッシュ財団フリーエネルギー... >>