ASPアクセス解析
AX                
                            
<< 『ブレンディ牛卒業式』 / B... < > 『夫に出産の「痛み」を擬似体験... >>
                            
『クリントン氏に 原発事故後の訪日は「歴史的影響」』/ 朝日新聞
朝日新聞の朝刊に
気になる記事があったのでメモります。



気になった箇所はコレ ↓

『メールは、
 「深刻ではあるが、最小限の影響にとどまるだろう。
 爆発があれば、12マイル(約19キロ)以内は危険にさらされる」
 という原子力専門家の見方を伝えた。』


そしてそのメールは、

『東日本大震災発生1週間後の3月18日』
 ・・・・
 米政権が福島第一原発の半径50マイル(約80キロ)
 以内の米国民に避難指示を出した直後だった。』






どうも引っかかるんだなァ、




wikipediaによりますと


3月14日、15日はてんやわんやの大騒ぎの日

3月16日は、様子見

3月17日は、ヘリコプターでの消化作業や消防車で放水作業

3月18日は、貯蔵プールの水位が確保されていることを確認




アメリカがいつの時点で

「最小限の影響にとどまる」と考え、

「爆発があれば、約19キロ以内は危険だ」

との判断ができたのでしょう?






どなたかご存じの方、ご教授くださいませ。























原発事故後の訪日は「歴史的影響」 クリントン氏に進言
2015年10月2日


ヒラリー・クリントン前米国務長官が在任中の2011年、同省高官らが福島第一原発事故の放射能の影響を見極めようと神経をとがらせていた。同省が9月30日に公開した電子メールのやりとりで明らかになった。当時のキャンベル国務次官補がクリントン氏に訪日を進言し、実現した経緯も判明した。

 東日本大震災発生1週間後の3月18日、当時のマクヘイル国務次官はクリントン氏に「日本」と題するメールを送った。米政権が福島第一原発の半径50マイル(約80キロ)以内の米国民に避難指示を出した直後だった。

 メールは、「深刻ではあるが、最小限の影響にとどまるだろう。爆発があれば、12マイル(約19キロ)以内は危険にさらされる」という原子力専門家の見方を伝えた。マクヘイル氏は、原発の状況が把握できないことに「イライラして」専門家に電話したという。
[PR]
by tukasa-gumi | 2015-10-02 22:45 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 『ブレンディ牛卒業式』 / B... 『夫に出産の「痛み」を擬似体験... >>