ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>鍵コメ様 コメントあ..
by Tukasa-gumi at 23:48
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 22:35
こんばんは。 この木は..
by levin-ae-111 at 21:05
>たかゆき さん >過..
by Tukasa-gumi at 21:46
私もみました! 過去の..
by たかゆき at 10:50
>> levin-ae-..
by tukasa-gumi at 22:37
存じております。しかし、..
by levin-ae-111 at 20:30
移民> levin-ae..
by Tukasa-gumi at 22:21
文化>levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 22:16
クラゲ> levin-a..
by Tukasa-gumi at 22:13








無料アクセス解析











                            
<< 視聴注意っ! 『正にミドリ色の... < > SEALDs のロゴマークって... >>
                            
TV東京『 集団的自衛権 安倍総理の「師匠」直撃』/ アーカイブ リンク



今更ながらの情報ですが・・・

2014年5月13日のTV TOKYO 番組「森本のアンサー」で。
安倍総理の「師匠」がてっても歯切れよくインタビューに
答えております、ぜひご覧下さい。





【解説】
安倍総理大臣が進める「集団的自衛権」の行使容認、
日本の安全保障政策が、大きな転換点を迎えています。
歴代内閣では、ある国から日本が攻撃を受けた場合「のみ」、
「個別的自衛権」として武力行使を認めてきました。一方、
アメリカのような日本と密接な関係がある国が攻撃を受けた場合、
これを日本への攻撃とみなして反撃する、
これが「集団的自衛権」です。
今まで「憲法違反」と解釈されてきたこの「集団的自衛権」。
安倍内閣は、憲法解釈を変更し、
集団的自衛権の行使容認に舵を切ろうとしています。
日本はどう変わるのか、
安全保障政策に関する安倍総理のいわば「師匠」を直撃しました。








b0003330_11393112.jpg




b0003330_11554535.jpg




b0003330_121047100.jpg









コチラで視聴できます ↓
TV東京 アーカイブ
集団的自衛権 安倍総理の「師匠」直撃!TV東京 








モエの袋が飾って?あるのがビミョ〜です。



















森本智子「これからは私たちの生活にも影響してくるかもしれない問題について考えてみます。安倍総理大臣が進めている集団的自衛権の行使容認。日本の安全保障政策が転換点を迎えています。こちらをご覧いただきましょう」

森本「これまでの内閣では、こちら、ある国から日本が攻撃を受けた場合のみ自分の国を守る権利。個別的自衛権として武力を使うことを認めてきました。
一方、こちら、アメリカのような日本と密接な関係がある国が攻撃を受けた場合、今度はそれ自体を日本への攻撃と同じように考えて、日本がこちらの国を反撃する。これが集団的自衛権です。この集団的自衛権。これまで憲法に違反すると解釈されて行われてきませんでした」

森本「そこで今、安倍内閣は憲法の解釈を変更して集団的自衛権の行使ができるように舵を切ろうとしています。日本はこれからどう変わるのか。この問題に関する安倍総理の言わば師匠を直撃しました」

(ナレーション) 
集団的自衛権研究の第一人者で、安倍総理の師匠ともいえる岡崎久彦氏。
安倍総理が設置した有識者懇談会の中心メンバーで、懇談会は明後日15日、集団的自衛権の行使容認を求める報告書を提出する。

Q~森本智子 A~岡崎久彦

Q この報告書は日本を今後どういうふうに変えるものになっていくのかと?
A 日米同盟を強化してバランスオブパワーが崩れないように、つまり日本の安全が守れるようにそうなるんです。中国対日米同盟と、そういうふうに割り切れるようになる。

Q 日本もアメリカと変わらず武力を行使して同等に戦っていくという形になっていくということなんでしょうか?  
A そういうことですね。そういうことです。

(ナレーション) 
報告書では、集団的自衛権行使の条件として、密接な関係にある国が攻撃を受けた場合や放置すれば日本の安全に大きな影響が出る場合などを示す方針だ。
報告書を受け安倍総理は15日夕方に記者会見し、政府の基本方針を発表、具体的なケースを提示して国民に理解を求める。
では、行使容認の具体的なケースとは何か。たとえば、北朝鮮がアメリカに向けて弾道ミサイルを発射した場合。アメリカの支援要請を受けて、日本がこのミサイルを撃墜することができるようになる。
北朝鮮が韓国を攻撃した場合。韓国と同盟関係にあるアメリカが韓国を支援すると、北朝鮮はアメリカにも攻撃を仕掛けてきた。アメリカの支援要請を受けた日本は、アメリカの艦船を防護できるようになる。こうしたケースは密接な関係にある国が対象というが、これはアメリカだけに限らない。

Q その事例以外のパターンも考えられうるわけですね?
A 無限にある。結局最後は総理大臣の決定です。



Q 自衛隊の武力行使にどんどん歯止めがかからなくなっていくんじゃないか?
A 歯止めは総理大臣ですよ。それ以外ないですね。



(ナレーション)
また安倍総理は、かつて岡崎氏との共著でこう記している。
「いうまでもなく軍事同盟というのは”血の同盟”です」
「日本がもし外敵から攻撃を受ければ、アメリカの若者が血を流します。しかし、今の憲法解釈のもとでは日本の自衛隊は、少なくともアメリカが攻撃されたときに血を流すことはないわけです」

Q 自衛隊もほかの国と同じように血を流す覚悟で行かなきゃいけない?
A もちろんそうです。もちろんそうです。

一方、野党は集団的自衛権行使容認の動きに猛反発している。

共産党志位和夫委員長
「憲法上の海外で戦争をしてはならないという歯止めが取り外されたら、これはあ
とは政権の判断でどれだけでも範囲が広がってしまう」

社民党吉田忠智党首
「安保法制懇なるものは総理の私的諮問機関、同じ考えの方々ばかりであります。
政府の与党の都合によって報告内容を変えさせる。まったくご都合主義」

民主党辻元清美議員
「八百長だと思うんですね。今まで憲法9条のもとで海外の武力行使につながるこ
 とはしないと、歴代内閣も答弁してきたのに、それを解釈だけで変えることは許
 されることではない」

こうした批判について岡崎氏は…

Q 一部の国民からいま反対意見が出ているというのは?
A それは誰が言っているんですか?
Q その9条の…
A いや、いま言っているのはあなたの意見ですか?

Q 懇談会のメンバー自体がほとんど全員がまぁ集団的自衛権の行使について容認  する立場?
A そりゃそうです。そりゃ当然

Q ということだと、ほとんど結論ありきみたいな
A 結論ありきというよりも、日本は集団的自衛権があると誰も否定しない。
  これ誰一人否定しない。

(ナレーション)
安倍総理の記者会見を受けて政府自民党は、来週から慎重姿勢の公明党の説得を本格化させる。政府は早ければ6月下旬にも憲法解釈を変更する閣議決定に踏み切りたい考えだが、協議は難航するものと見られる。

Q 安倍総理の判断で最終的に、まぁあの行使することになると、なった場合にそ
  れが戦争に発展するかもしれないということも考えられる?
A ありえますね。国家の命運に関しますからね。命運に関しますからね、総理大
  臣が間違ったということはね、それまで総理大臣を選んできた国民が悪いんで
  すよ。

森本「このやり取りを重ねて私自身は少し不安になってしまった部分があったんですけれども、今回の集団的自衛権の行使については、現状のままだと同盟国のアメリカ以外にも適用される可能性があって、どこまで自衛隊が赴いて行くのか不透明なんですね。ですのでもっとより具体的なケースを提示してほしいですし、何よりも与野党含めた国会での丁寧な審議を重ねて、国民を巻き込んだ議論が求められているんじゃないかと思います」
[PR]
by tukasa-gumi | 2015-07-16 12:13 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 視聴注意っ! 『正にミドリ色の... SEALDs のロゴマークって... >>