ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 20:52
これまた・・・・|д゚)..
by levin-ae-111 at 20:10
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49
怪しいなぁ~。 クワバ..
by levin-ae-111 at 21:38
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 13:17
コメントした時点で、被害..
by levin-ae-111 at 05:43
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 18:24
お早うございます。 カ..
by levin-ae-111 at 08:32
>ぴよぴ さん お初..
by Tukasa-gumi at 23:51
合歓木の花のように見えま..
by ぴよぴ at 03:59








無料アクセス解析











                            
<< 眠れる巨人の予知夢 / 夢のパ... < > ルーズベルト大統領 携帯電話を... >>
                            
『韓国政府、遺産登録に反対せず…日韓協力で一致』/ 誤報!?
「日韓外相:世界遺産で相互協力 会談で一致」
との報道があったのは先月のこと。


今月4日に予定されていた世界遺産での審議は、
日本と韓国の間で調整がつかず、最終日の5日に延期されました。






いったいどこまで新聞を信用したら良いのでしょう?


それとも日本のマスコミの云っていことが真実なのでしょうか?




はたして、
韓国の外相会談の報道はどのようなものだったのでしょうか?


とっても気になります。

(ご存じの方は教えてくださいませ)




(基本的に受動態の無い言葉を
 日本語に訳すところで「誤解」が生じるのかしらん?)
















韓国政府、遺産登録に反対せず…日韓協力で一致
2015年06月21日 23時05分
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150621-OYT1T50074.html

岸田外相と韓国の尹炳世ユンビョンセ外相との会談が21日、東京・麻布台の外務省飯倉公館で行われ、「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産への登録について、韓国政府が反対せず、両国が協力することで一致した。・・・・






日韓外相:世界遺産で相互協力 会談で一致
毎日新聞 2015年06月21日 21時46分

 岸田文雄外相は21日夕、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と東京都内で会談した。両外相は、韓国が反対していた「明治日本の産業革命遺産」(計23施設)の世界文化遺産への登録について、韓国側の主張を一部反映し、韓国が登録を求める推薦案件と合わせて登録が実現するよう協力することで一致した。安倍晋三首相と朴槿恵(パク・クネ)大統領との初の首脳会談については「適切な時期」に開催することで一致したほか、日中韓首脳会談を年内に行うことを確認した。・・・・
http://mainichi.jp/select/news/20150622k0000m010059000c.html




日韓、世界遺産問題ともに譲歩 慰安婦問題はなお隔たり
東岡徹、松井望美、武田肇2015年6月22日05時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH6P7D28H6PUHBI02B.html

「両国が申請した遺産の登録に向けて一緒に協力していくことで意見が一致した」。韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相は日韓外相会談の後、記者団にこう語った。

 韓国も「百済の歴史遺跡地区」について世界遺産への登録をめざしている。日本の「明治日本の産業革命遺産」については世界遺産への登録に反発していたが、一転、協力する姿勢を示した。尹氏は「このような良い協力事例を通じて、今後、他の問題にも好循環ができるよう期待している」とも述べた。・・・・







【追記】です


「産業革命遺産」登録決定、委員国発言認めず
TBS News i 2015年7月6日 06時38分 (2015年7月6日 09時00分 更新)
http://www.excite.co.jp/News/world_g/20150706/Tbs_news_37198.html

 
 日本と韓国の政治問題となっていた「明治日本の産業革命遺産」ですが、世界遺産委員会の議長が委員国からの発言を一切認めないという異例な形で登録が決定しました。
 ドイツのボンで行われた「産業革命遺産」の審議では、議長国のドイツが、日本と韓国だけでなく、他の委員国からの意見陳述を一切認めないと宣言する異例のやり方で、登録が決まりました。そして、韓国が主張している「強制労働」の歴史については、登録が決まった後に日韓両国が声明を読み上げました。

 「意思に反して連れてこられ、厳しい環境の下で働かされた多くの朝鮮半島出身者がいた」(佐藤地ユネスコ大使)

 韓国がこだわった「収容所」を連想させる「forced labor(強制労働)」という文言について、日本は「意に反して連れてこられ、厳しい環境で働かされた」という表現をすることで、韓国側とギリギリの交渉を乗り切りました。

 「100%は満足していないが、受け入れるしかない。外交交渉はある種の満足のバランスをとるものだが、今回は不満足のバランスも重要だった。おめでとう、日本」(韓国首席代表 チョ・テヨル外務第二次官)

 事務方のギリギリの交渉でこぎつけた日本側の表現について、岸田外務大臣は日本側の立場をこう述べました。

 「我が国代表の発言におけるforced to workとの表現等は、強制労働を意味するものではありません」(岸田文雄外務大臣)

 登録は認められましたが、世界遺産に正式になるには、2017年までに日本は歴史全体を説明した報告書の提出を求められていて、そのとき再び、日本の姿勢が問われることになります。(06日05:30)


















<世界遺産>「明治産業革命」の審議を延期…日韓の調整難航
毎日新聞社 2015年7月4日 21時37分
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150704/Mainichi_20150705k0000m040048000c.html

 ドイツのボンで開催されている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は4日、各国が推薦する案件の世界文化遺産への登録について審議したが、同日に予定されていた「明治日本の産業革命遺産」の審議は、5日午後3時(日本時間同10時)からに延期された。韓国は「戦時中、朝鮮人が強制徴用された施設がある」として登録に反対していたが、6月の日韓外相会談で、そうした歴史を何らかの形で説明することを求める韓国側の主張を反映することを確認。しかし、最終段階に来て審議での韓国の意見陳述をめぐり調整が難航した。

 新規登録案件の審議は3〜5日で、内閣官房の産業遺産の世界遺産登録推進室によると、5日中には登録の可否についての結論が出る見通し。審議は全会一致が一般的だが、意見が割れて採決となった場合、登録には採決参加国の3分の2の賛成が必要だ。ただ、採決で棄権が相次いだり、議論が紛糾したりした場合は、議長国のドイツが今年は結論を出さないことを選択する可能性もある。

 審議は通常、推薦国が発言した後、他の委員国が意見を述べ合う。聯合ニュースによると、韓国側が発言する内容について日本側が反発しているという。青瓦台(大統領府)の朱鉄基(チュチョルギ)外交安保首席秘書官は3日、韓国国会で「我々側の発言についての調整が今も続いている」と説明していた。




 この日は11番目の中国の案件から始まったが、13番目の日本の順番を飛ばして審議が進んだ。このため、韓国が推薦する「百済歴史遺跡地区」の登録が先に決定。日韓外相会談では、登録に向け相互協力することで合意しており、日本代表は全面支持を表明した。

 ボンでは、施設のある自治体の関係者が現地入りし、審議の進み具合を見守っている。鹿児島県の伊藤祐一郎知事は、日本の報道陣に「午前中に議長が仲裁に入り日韓と協議しようとしたが、韓国側が拒否したとの話を聞いた」と話した。ただ、その後も議長による仲介が続いたようだ。

 産業革命遺産は、通称「軍艦島」で知られる「端島(はしま)炭坑」(長崎市)▽薩摩藩が手がけた機械工場や反射炉の遺構で構成する「旧集成館」(鹿児島市)▽幕末に実際に稼働した反射炉で国内で唯一現存する「韮山(にらやま)反射炉」(静岡県伊豆の国市)−−など、日本の近代工業化を支えた炭鉱、製鉄などの23施設で構成される。三菱長崎造船所の大型クレーンなど、日本の世界遺産では初めてとなる稼働中の施設(稼働資産)も含まれている。

 今年5月に世界遺産への登録の可否を調査する諮問機関「国際記念物遺跡会議」(イコモス、本部・パリ)が「登録が適当」とユネスコに勧告した。しかし、韓国が端島など7施設について「戦時中、朝鮮人が強制徴用された施設がある」と登録への反対を表明し、掲示板などで訪問客に歴史的経緯をきちんと説明するよう求めていた。

 日本は「1850年代から1910年までが遺産の対象年代であり、強制徴用とは時代が異なる」と反論して主張は平行線をたどってきたが、日韓外相会談で韓国側の主張を一部反映することや、登録に向け相互協力することで合意していた。









<世界遺産>「明治日本の産業革命遺産」登録決定 ユネスコ
毎日新聞社 2015年7月5日 22時41分
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150705/Mainichi_20150706k0000m040081000c.html

ドイツのボンで開催されている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は5日午後3時(日本時間同10時)から、日本が世界文化遺産に推薦する「明治日本の産業革命遺産」について審議し、登録することを決定した。

 当初、審議は4日に予定されていたが、意見陳述の内容などを巡り日本と韓国の間で調整がつかず、新規案件の審議期間の最終日である5日に延期された。

 韓国は産業革命遺産について「戦時中、朝鮮人が強制徴用された施設がある」として登録に反対していた。6月21日の日韓外相会談で、互いの推薦案件の登録に向け相互協力することで合意していたが、今回、徴用をどう説明するかで日韓間の協議が長引いたとみられる。

 韓国政府は戦時中、産業革命遺産の23施設のうち7施設に朝鮮半島出身者約5万8000人が送られ、働かされたと主張。施設に関して、徴用に言及する形で説明することなどを求めていた。一方、日本は「1850年代から1910年までが遺産の対象年代で、時代が異なる」と反論し、日韓外相会談まで主張は平行線をたどっていた。

 世界遺産委員会は日韓を含む21カ国で構成される。審議は通常、推薦国が説明した後、他の委員国が意見を述べ合う。韓国メディアの報道によると、韓国側が産業革命遺産に対し発言する内容に日本側が反発していた。

一方今回、韓国が推薦する「百済歴史遺跡地区」は4日に登録が決定した。審議の際、日本代表は全面支持を表明した。

 産業革命遺産は、通称「軍艦島」で知られる「端島(はしま)炭坑」(長崎市)▽薩摩藩が手がけた機械工場や反射炉の遺構で構成する「旧集成館」(鹿児島市)▽幕末に実際に稼働した反射炉で国内で唯一現存する「韮山(にらやま)反射炉」(静岡県伊豆の国市)−−など、日本の近代工業化を支えた炭鉱、製鉄などの23施設で構成される。

 今年5月に世界遺産への登録の可否を調査する諮問機関「国際記念物遺跡会議」(イコモス、本部・パリ)が「登録が適当」とユネスコに勧告した。各国が世界文化遺産登録に推薦できるのは年に1件。今年の日本の推薦を巡っては、内閣官房が「産業革命遺産」を推し、文化庁は「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」(長崎、熊本両県)を主張。2013年9月に菅義偉官房長官が「政治判断」で選んだ。「長崎の教会群」は16年の登録を目指している。
[PR]
by tukasa-gumi | 2015-07-06 02:49 | あれ〜〜っ? | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 眠れる巨人の予知夢 / 夢のパ... ルーズベルト大統領 携帯電話を... >>