ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
ネッシー>levin-a..
by tukasa-gumi at 22:50
イカ >levin-ae..
by tukasa-gumi at 22:46
生物には見えませんね。 ..
by levin-ae-111 at 21:03
イカでまずければ・・..
by levin-ae-111 at 20:54
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 22:28
手足を使って操縦するより..
by levin-ae-111 at 20:07
> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 00:01
私も考えるだけで宇宙船を..
by levin-ae-111 at 22:32
>たか さん 何か炊き..
by Tukasa-gumi at 19:11
みて観ます やはりそう..
by たか at 15:54








無料アクセス解析











                            
<< 英国ロンドン『子供は悪魔儀式乱... < > 『オバマ大統領「全ての宗教は暴... >>
                            
『サムスン製テレビはあなたの会話に聞き耳を立ている?』/ CNN
音声がコレなら画像も筒抜けと考えるのが妥当かと・・!?!

(スマートTVだけだと思っている貴方は『甘い』です)




そういえば害外のホテルのテレビって
みんなサムスンのTVだもんねェ。

(入室すとるTV画面からWelcomeの映像が流れる部屋もあります)




何となく納得したしだいです。







サムスン製テレビが会話に聞き耳? 音声認識機能に注意喚起
2015.02.10 Tue


サムスン製テレビの前では発言に気を付けた方がいい。
テレビの前で話した言葉はすべて傍受され、
インターネットを介して送信されている――。
・・・
この告知は同社のスマートTVのプライバシーポリシーに掲載された。
・・・
サムスンでは「音声データを保持したり、他社に売ったりはしない」
「消費者が同意して音声認識機能を利用すれば、
音声データがサーバーに送信され、要求されたコンテンツを探して
テレビに表示する」と説明している。






サムスン製テレビが会話に聞き耳? 音声認識機能に注意喚起
2015.02.10







『中国から輸入されたアイロンにスパイ・チップ』/ BBC

『「盗聴の恐れあり」 中国ファーウェイのテレビ会議設備』 / 新華経済




【追記の記事です】

「聞き耳テレビ」はSiriと同じ――サムスンが説明
2015.02.12


ニューヨーク(CNNMoney) 韓国サムスン製のスマートTVが利用者の会話に「聞き耳」を立てているとされた問題で、サムスンは10日、誤解を招く内容があったとして同製品のプライバシーポリシーを改訂した。スマートTVの音声認識技術の仕組みは、アップルの「Siri」やグーグルの「Google Now」、マイクロソフトの「Cortana」などと変わらないと説明している。
改訂前のプライバシーポリシーには、「私的な会話や重要な情報を含め、言葉を発すればその情報がデータとして傍受され、音声認識機能を通じて第三者に送信されますのでご注意ください」と記されていた。
サムスンによれば、スマートTVの音声認識はテレビ経由とリモコン経由の2通りの方法がある。テレビの方は継続的に利用者の声を「聞いている」ものの、例えば「チャンネルを変えて」「ボリュームを上げて」など、特定の指示用語を待機している状態。こうした音声データはどこにも保存されず、インターネットを介して送信されることもないという。
一方、リモコンでボタンを押すと、音声に反応する「アシスタント」が起動して、例えば「お薦めのSF映画を教えて」といった指示を出せるようになる。
インターネットを介して外部に送信されるのは、リモコンのボタンを押してこの機能を起動させた場合の指示用語だという。


送信された音声データは、ニュアンスという会社が文字に変換してテレビに送り返し、検索が実行される仕組み。ニュアンスは、音声を文字に変換するソフトウエア「ドラゴン」のメーカー。また、サムスンもサービス向上に役立てる目的で、こうした指示用語を収集している。
同社はブログでも、「音声操作はスマートフォンやタブレット端末などの製品で利用できる他の音声認識サービスと同じような仕組みで機能する」「サムスンは消費者のプライバシーを尊重しており、当社の製品はプライバシーを念頭に設計されている」と強調した。
改訂前のプライバシーポリシーには、指示用語はテレビからも収集され、たとえテレビの音声操作機能を無効にしたとしても、音声は引き続き記録されるという説明もあった。
しかし改訂後のプライバシーポリシーではこの部分が削除された。
サムスンによれば、テレビの前で話した内容が不正に盗聴されるのを防ぐため、暗号化など「業界標準のセキュリティー対策」も施しているという。


































ニューヨーク(CNNMoney) サムスン製テレビの前では発言に気を付けた方がいい。テレビの前で話した言葉はすべて傍受され、インターネットを介して送信されている――。音声でテレビを操作できる「スマートTV」について、韓国サムスン電子がそんな内容の告知を掲載した。
この告知は同社のスマートTVのプライバシーポリシーに掲載された。「私的な会話や重要な情報を含め、言葉を発すればその情報がデータとして傍受され、音声認識機能を通じて第三者に送信されますのでご注意ください」と呼びかける内容。
サムスンによれば、テレビを音声で操作するためには、発話内容を第三者に送信して音声を文字に変換する必要がある。同社はさらに、この機能を改善する必要があるかどうか見極めるための調査目的でも音声内容を収集しているという。
第三者の社名や、その会社が音声データを録音しているかどうかについて、サムスンから返答はなかった。
音声操作機能が有効になっている時は、音声が記録されていることを示すマイクのマークが画面に表示される。音声認識機能は無効にすることもできる。
ただし無効にしたとしても音声は引き続き記録される。サムスンではこの情報を収集し、特定の指示用語がどの程度使われているかを分析する。
サムスンでは「音声データを保持したり、他社に売ったりはしない」「消費者が同意して音声認識機能を利用すれば、音声データがサーバーに送信され、要求されたコンテンツを探してテレビに表示する」と説明している。
[PR]
by tukasa-gumi | 2015-02-11 01:51 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 英国ロンドン『子供は悪魔儀式乱... 『オバマ大統領「全ての宗教は暴... >>