ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 20:52
これまた・・・・|д゚)..
by levin-ae-111 at 20:10
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49
怪しいなぁ~。 クワバ..
by levin-ae-111 at 21:38
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 13:17
コメントした時点で、被害..
by levin-ae-111 at 05:43
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 18:24
お早うございます。 カ..
by levin-ae-111 at 08:32
>ぴよぴ さん お初..
by Tukasa-gumi at 23:51
合歓木の花のように見えま..
by ぴよぴ at 03:59








無料アクセス解析











                            
<< 『大失敗! フランステロの警官... < > 『英首相、「自由社会には信教を... >>
                            
『自由社会には(他者の)感情を害する権利は存在する」/ キャメロン首相
こりゃぁビックリいたしました。

『(他者の)感情を害する権利』ですって。

「権利」ですよっ、「権利」。



「自由社会にはさまざまな意見や信教があり
それを単純に伝えたのに
「なぜ相手はそう思わないのだろう?」

「相手が不快に感じたから、それ等を発言できないのはオカシイよ」

という感じでしょうか?





まぁ、インタビューの前後の内容を聞いていないので
この記事だけで判断はできかねますが、
世間的にははなはだ疑問です。


一般庶民の個人が「お上」に向かって(つまり下から上に)
ひねりを効かせて見解を述べたのではなく、
雑誌を売って利益とする企業が宗教や個人を「笑い」「風刺」
を使用して相手を誹謗中傷したのですから
これはキャメロン首相の云う「自由」に含まれる「権利」の
ルール・解釈を逸脱していると思われます。

(『権利(自由)』をもって来るのがオカシイと言っているのです、私)



簡単にいうと、
自由という名の元における「権利」を引き合いに出したならば
おおよそ全ての事柄が容認されてしまうでしょう。


それを食い止めるためにルールがあるのです。
(人種や宗教で線引きをする人もいます)

それは国や地域、文化風習等によって若干異なるものであり
その垣根を超えて「主張」して「自分は許される」という
自己主張的な考えは知恵のある大人が考えることでは無いと思います。

もちろんルールは、自分制約する為だけにあるモノではなく、
ましてや自分の権利を主張するためだけにあるモノではなのです。


英国はプライドを忘れたのでしょうか?

(いきなり仏の話に英人のプライドを出すのはルール違反かな?)




「おもんばかる」を得意とする
戦後の日本を見習ってもらいたいものです。








ぁっ、時間が無いので今回はここまで。


書き忘れたことがあったら加筆・修正いたします。


では では。








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


英首相、ローマ法王に反論=表現の自由制約発言で
 2015年1月19日


【ワシントン時事】
キャメロン英首相は18日に放送された米CBSテレビのインタビューで、
フランスの週刊紙シャルリエブドが
イスラム教預言者ムハンマドの風刺画を掲載したことに関し、
「自由社会には信教をめぐって
(他者の)感情を害する権利は存在する」と述べた。

 「他人の信仰を侮辱することはできない」として
表現の自由にも制約があるとの認識を示した
フランシスコ・ローマ法王に反論したものだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






最近のエキサイトはログイン関係がとっても不便で困ってしまいます。
[PR]
by tukasa-gumi | 2015-01-20 13:52 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 『大失敗! フランステロの警官... 『英首相、「自由社会には信教を... >>