ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 00:32
私も時々は、夢であったり..
by levin-ae-111 at 19:38
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 20:52
これまた・・・・|д゚)..
by levin-ae-111 at 20:10
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49
怪しいなぁ~。 クワバ..
by levin-ae-111 at 21:38
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 13:17
コメントした時点で、被害..
by levin-ae-111 at 05:43
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 18:24
お早うございます。 カ..
by levin-ae-111 at 08:32








無料アクセス解析











                            
<< 『自由社会には(他者の)感情を... < > じゃがつま動画投稿少年を考える... >>
                            
『英首相、「自由社会には信教をめぐって(他者の)感情を害する権利は存在する」/ローマ法王
こりゃぁビックリいたしました。

『(他者の)感情を害する権利』ですって。

「権利」ですよっ、「権利」。



「自由社会にはさまざまな意見や信教があり
 それ等を発言できないのはオカシイよ」 
って伝えたかったのでしょうけど



英国のいち議員ならまだしも、
首相の発言ですから・・・

まぁ、インタビューの前後の内容を聞いていないので
この記事だけで判断はできかねますが、
世間的にははなはだ疑問です。





というのは、
キャメロン首相が主張する権利は、
相手への中傷や誹謗になっていることです[注2]。それを「笑い」を利用して実行していることによって問題にネジレを起す原因になっています。



英首相、ローマ法王に反論=表現の自由制約発言で 2015年1月19日


【ワシントン時事】
キャメロン英首相は18日に放送された米CBSテレビのインタビューで、
フランスの週刊紙シャルリエブドが
イスラム教預言者ムハンマドの風刺画を掲載したことに関し、
「自由社会には信教をめぐって
(他者の)感情を害する権利は存在する」と述べた。

 「他人の信仰を侮辱することはできない」として
表現の自由にも制約があるとの認識を示した
フランシスコ・ローマ法王に反論したものだ。 

ーーー




人はみな、生きる権利、死ぬ権利、幸せに生きる権利、生まれてくる権利など

見えないそれぞれの権利を持っているんです。

ただ、人を殺す権利を使った場合は相手の「生きる権利」を奪うことになりますけど。





現代は、価値観は多様化し、さまざまな考えをもった人々がひしめき合って生きているのですから、意見の違いによる衝突は避けられません。 そのことを首相は云っているのいでしょうけど

たぶん「それはオカシイよ」って伝えたのでしょうけど
相手はそうは思わず相手は不快に感ずる。

それを
「なぜ相手はそう思わないのだろう?」という感じでしょうか?


「他人に嫌なことをされたのだから、自分も他人が嫌がることをしてもかまわないのだ」


英国はプライドを忘れたのでしょうか?
(いきなりプライドを出すのはルール違反かな?)

「こんなことを言えば、わがままだと思われるのではないか」と悩んだとき。

「自分さえよければよい」ということではなく、「他人のせいにしない」「自分の選択に責任をもつ」という意味です。
[PR]
by tukasa-gumi | 2015-01-20 09:50 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 『自由社会には(他者の)感情を... じゃがつま動画投稿少年を考える... >>