ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 00:32
私も時々は、夢であったり..
by levin-ae-111 at 19:38
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 20:52
これまた・・・・|д゚)..
by levin-ae-111 at 20:10
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49
怪しいなぁ~。 クワバ..
by levin-ae-111 at 21:38
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 13:17
コメントした時点で、被害..
by levin-ae-111 at 05:43
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 18:24
お早うございます。 カ..
by levin-ae-111 at 08:32








無料アクセス解析











                            
<< 2015年の気になる予言(予定... < > 今の大人に必要なものは『感受動... >>
                            
『安倍首相は日本を海外で戦わせる気です』 / The Guardian
たぶん2014年最後のエントリーです。


その時期のタイトルと内容がこのようなモノになるとは
あたくし自身でさえショックです。





英ガーディアン紙の今年の5月の記事です。

そしてコメントの多さにも驚きました。

海外の人の 危惧 関心の高さが伺えます。





Shinzo Abe's plans to let Japan's troops fight overseas:
our readers react
16 May 2014



b0003330_22311141.jpg









以下はいつものようにPC訳です



安倍晋三総理大臣によると、
日本は、決して、また、「戦争する国」にならない。
しかし、彼は、結局日本がその同盟国のそばの海外の衝突に
従事することができる可能性によって、
どのように国のユニークな平和憲法が解釈されるかのレビューを要求した。

バラク・オバマは、最近、米国、レビュー分割日本の一般大衆によって
その安全保障の協力関係のよりアクティブな役割を取っている日本の
アイデアをサポートし、国の懸念を起こすけれども、
特別 2番目の世界大戦の間の日本の指導の
ぐずぐずしているメモリーを持つ中国 。

私達は、提案された変化についてのそれらの見方を日本と他の場所の
私達の読者に尋ねた。あなたは下で選択を読み、コメントに、
またはGuardianWitnessを経てあなた自身の見方を共有できる。

「侵略ではなく自衛は自衛を意味している。」

私は、記事9と自身防衛軍の間に否定があるので現在の日本構成を
レビューするために、必要に合意する。記事9の解釈への現在討論された
アプローチは、先へ、否定を解決することに最初のステップであり、
私はそれについて識別可能である。

私は、このトピックのキーポイントが「自衛」の定義であると思う。
それの2つの想像可能な定義がある*。それはそれである
日本で宣戦布告している東京へのミサイルまたは国をスタートする
北朝鮮などの差し迫った脅威または侵略への反応だけとしての武力行使 。
他の一方は、先買の行動〈思われた攻撃を防止するために、
軍隊を急送するなどの〉の使用を上記の定義に追加する。
記事9の現在の解釈により「自衛」の最初の定義においてSDFの使用は
許されるけれども、2番目のもののnot。

エイブ総理大臣がSDFの命令に含もうとする集合的な自衛への右は、
「自衛」の2番目の定義に基づくようである。集合的な自衛への右の使用は、
冷戦の間に有名であった。それは、他の国の内部政治的仕事を妨げるための
位置合せとして使われて、米国の例として、急送し、
チェコスロバキアへの北ベトナムおよび前者のソ連へのその軍隊両方が見えた。
この行動をより粗雑に置くために、それは助けの変装での侵略である。
自衛のこの種類の任意の解釈は受け入れられるべきではない。

右の集合的な自衛への導入は、たぶん、外国にその軍隊を急送している
日本のチャンスを増大させる。従って、自衛への現在の自由民主党の
アプローチは






【特別付録】
    中村哲氏:集団的自衛権とNGO:民間支援"30年"の現場から
[PR]
by tukasa-gumi | 2014-12-31 22:31 | 図書 | Comments(2)
Top↑
Commented by levin-ae-111 at 2014-12-31 22:36
Tukasa-gumi様
本年もお世話になりました。
このブログに長らくお付き合い頂き、感謝しています。
もう数時間ですが、良いお年をお迎えください。

新年も相変わらず、宜しくお願い致します。
新年も皆様のご多幸をお祈り申しあげます。
Commented by tukasa-gumi at 2014-12-31 23:02
>levin-ae-111さん
重ね重ねのご挨拶、誠にあちがとうございます。

来年はスッキリ、本当に良い年にしたいですね。

「努力しなくていいいから、みんなガァンバレ!」
と変な声援を送りたくなる、私です。



来年もグッとよろしくお願いいたします。


アクセス解析
<< 2015年の気になる予言(予定... 今の大人に必要なものは『感受動... >>