ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 21:21
>鍵コメさん スンゴク..
by Tukasa-gumi at 21:15
しかしながら、やはりデビ..
by levin-ae-111 at 20:53
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:33
こんにちは(^^♪ ま..
by levin-ae-111 at 09:29
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 00:32
私も時々は、夢であったり..
by levin-ae-111 at 19:38
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 20:52
これまた・・・・|д゚)..
by levin-ae-111 at 20:10
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49








無料アクセス解析











                            
<< 衆院解散 選挙へ / 選挙権が... < > イリノイ州へのバイロン原子力発... >>
                            
『イリノイ核燃料プラントの有害なトラブル』/ Forbes
『イリノイ州へのバイロン原子力発電所で高放射線量が検出中』
の続報です。


市民からの情報ではなく、
フォーブスの記事がありましたのでPC訳を貼付けます。




北極からの超寒波がアメリカに到達しておりますが・・・
どうなるのでしょう?








イリノイ核燃料プラントの有害な「もや」に関するトラブル
10/29/2014


偶然に露出された人々、および故意に露出された動物に関する研究によれば、
六フッ化ウラン(日曜夜にメトロポリスILでハネウェル・
プラントで漏れたガス)からの主な脅威は、その放射能に由来しない、
その化学毒性に由来します。

サイエンスの国立アカデミーの米国学術研究会議によって準備された
「セレクティッド大気中化学物質用の急性暴露ガイドラインレベル」
に関する2004年の報告書によれば、六フッ化ウランが
一般に知られているので、
「UF6への急性吸入接触から化学毒性と比較されて、
放射線被曝からの発癌性の危険は無視できます。」

水蒸気にさらされた時、UF6は沸化水素酸(HF)および
フッ化ウラニル(UO2F2)へ故障します。それらの両方は高度に有毒です。

UF6はアルファ、ベータおよびガンマ線を放射します。
しかし、放射線障害は、露出された人々の中で観察されていません。
代わりに:
「高濃度では、HFに引き起こされた肺水腫による死は観察されます。

厳しい視覚の傷;
皮膚火傷;
また、さらに、接眼鏡、粘膜および呼吸刺激はHFに起因します。
UO2F2に起因する腎臓障害も尿検査データから示唆されました。」
これは、日曜日にハネウェル・プラントで高濃度にさらされた人は
誰でも既にそれを知るだろうということを意味します。また、それは、
漏れがプラントの「オペレーション・エリア」へ含まれていたという
ハネウェルの職員によるステートメントを支援する傾向があります。

少なくとも1つの目撃者報告書はそれにいくらかの疑いを抱かせます。
ハネウェルの職員は、漏れおよび有害なもやが半時間ごろに
オペレーション・エリア内に中へ含まれたと言います。
UF6は水蒸気のスプレーにより含まれています。
フッ化ウラニル(固体)は粒子状物質として大気から離脱します。
「フッ化ウラニルは、設備の近くの床へ直ちに落ちる、重い固形物です。

「プラントは、漏れの隣接区域を越えてこの材料のどれも
見つからなかったことを確認しました」と工場長
ジム・プリチェットが従業員への手紙の中で言いました。

職員を設ける、もやに見られた浮遊物は外部で言う、プラントまた
フェースブックに記入されたビデオに表示された、
警告の手段として空気中にスプレーされた
水蒸気のプラントに成られたものからロックされる、
支援する組合労働者にページをつけます。
どんなUF6あるいはその派生語も持っていた、建物を回避したと
プリチェットは言いました、それはアラームを引き起こしたでしょう。
また、そのエリアが撤退させられたでしょう。

1つのアラームはビデオの中で聞くことができます。また、
原子力規制委員会事件の報告は異なるシナリオを示唆します:

NRC報告書によれば、「プラントの外側の一般人は緩和噴霧塔が
ハネウェル・スタッフによって活性化された前に、
5分間建物から雲が出ることを報告しました。」それは、
さらにその出来事が一般人によってNRCに最初に報告されたと述べます。

それにもかかわらず、傷は報告されていません。また
、漏れがそのオペレーション・エリアへ含まれていたという
ハネウェルのクレームを議論する証拠はありません。

NRCは、出来事を調査し、ハネウェルのレスポンスを評価し、
回復と掃除をモニターするために検査官を派遣しました。

プラントは調査の結果を保留にして閉じられ続けます。
接合点がガスを含んでいるシリンダ上で破裂した時、
六フッ化ウラン漏れは1944年にフィラデルフィア海軍工廠で
2人の労働者を殺しました。
シリンダは、164メーター移動し、
そのパス中のパイプおよび設備を引きはがし、
ガスに20人の労働者をさらして、ロケットのように開始しました。

殺された2人に加えて、「3人が重傷です。
12人が観察のために入院しました。
また、3は徴候がありませんでした。」
米国学術研究会議の報告書によって。
「重傷の個人は、浮腫を備えた化学性結膜炎を経験した、
角膜(一時的無分別に帰着して)の化学的浸食、1位-、秒-、
また第三級の化学的熱傷、嘔気嘔吐、化学の気管支炎、肺水腫、
または、衝撃。」報告書状態。
「3週間の事故内に完全に回復された重傷の労働者。」

重傷の労働者のうちの2人のフォローアップ試験は、
38年後に放射線被曝からの明白な損害を見つけませんでした。

ガスを含んでいる過負荷のシリンダが1986年にゴア
(オクラホマ)の中のウラン転換施設で破裂した時、
六フッ化ウランはさらに1人の労働者を殺しました。
彼は肺水腫流体蓄積で数時間内に死にました、の中で、
沸化水素酸を吸入した肺後。
メトロポリス・ハネウェル・プラントは、生のウラニウムを
核燃料先駆者に変換するためにフッ素化学工程を使用します。








こちらは市民の動画です
BREAKING! NUCLEAR EVENT!!! RADCON 5...
URGENT! 2729CPM










ご存じイルミナティカード
b0003330_1825139.jpg












The Trouble With That Noxious Haze At The Illinois Nuclear-Fuel Plant
Comment Now Follow Comments

The main threat from uranium hexafluoride, the gas that leaked at a Honeywell plant in Metropolis IL on Sunday night, does not derive from its radioactivity, but from its chemical toxicity, according to studies of people who have been exposed accidentally and animals who have been exposed intentionally.

“The carcinogenic hazard from radiation exposure is negligible compared with the chemical toxicity from acute inhalation exposure to UF6,” as uranium hexafluoride is commonly known, according to a 2004 report on the “Acute Exposure Guideline Levels for Selected Airborne Chemicals” prepared by the National Research Council of the National Academies of Science.

When exposed to water vapor, UF6 breaks down into hydrofluoric acid (HF) and uranyl fluoride (UO2F2), both of which are highly toxic. UF6 emits alpha, beta and gamma radiation, but radiation damage has not been observed in people who have been exposed. Instead:

“At high concentrations, death from HF-induced pulmonary edema is observed. Severe ocular injury; skin burns; and ocular, mucous membrane, and respiratory irritation are also attributable to HF. Kidney damage attributable to UO2F2, was also suggested from urinalysis data.”

This means anyone exposed to high concentrations at the Honeywell Plant on Sunday would already know it, and it tends to support the statement by Honeywell officials that the leak was contained to the plant’s “operations area.” At least one eyewitness report casts some doubt on that.

Honeywell officials say the leak and the noxious haze were contained within the operations area in about a half hour. UF6 is contained by spraying water vapor. The uranyl fluoride, a solid, drops out of the air as particulate matter.


“Uranyl fluoride is a heavy, solid material that immediately falls to the floor near the equipment. The plant has confirmed that none of this material was found beyond the immediate area of the leak,” said Plant Manager Jim Pritchett in a letter to employees.

Plant officials say a haze seen drifting outside the plant—and displayed on a video posted to a Facebook page supporting union workers who are locked out of the plant—consisted of water vapor sprayed in the air as a cautionary measure. Had any UF6 or its derivatives escaped the building, Pritchett said, it would have triggered alarms and the area would have been evacuated.

One alarm can be heard in the video, and the Nuclear Regulatory Commission incident report suggests a different scenario:

“Members of the public outside the plant reported a cloud emanating from the building for five minutes before the mitigation spray towers were activated by Honeywell staff,” according to the NRC report, which also notes that the incident was initially reported to the NRC by a member of the public.

Nonetheless, no injuries have been reported, and there is no evidence to dispute Honeywell’s claim that the leak was contained to its operations area.

The NRC dispatched an inspector to review the event, assess Honeywell’s response, and monitor the recovery and cleanup. The plant remains closed pending the outcome of the investigation.

A uranium hexafluoride leak killed two workers at the Philadelphia Naval Shipyard in 1944 when a weld ruptured on a cylinder containing the gas. The cylinder launched like a rocket, traveling 164 meters, tearing out pipes and equipment in its path, and exposing 20 workers to the gas.


In addition to the two killed, “three people were seriously injured, 12 were hospitalized for observation, and three were without symptoms,” according to the National Research Council report.

“The seriously injured individuals experienced chemical conjunctivitis with edema, chemical erosion of the cornea (resulting in temporary blindness), first-, second-, and third-degree chemical burns, nausea and vomiting, chemical bronchitis, pulmonary edema, and/or shock,” the report states. “The seriously injured workers completely recovered within 3 weeks of the accident.”

A follow-up exam on two of the seriously injured workers found no apparent damage from radiation exposure after 38 years.

Uranium hexafluoride also killed one worker when an overloaded cylinder containing the gas ruptured at a uranium conversion facility in Gore, Oklahoma in 1986. He died within a few hours from pulmonary edema—fluid accumulation in the lungs—after inhaling hydrofluoric acid.

The Metropolis Honeywell plant uses a fluorine chemical process to convert raw uranium into a nuclear fuel precursor.
[PR]
by tukasa-gumi | 2014-11-19 17:38 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 衆院解散 選挙へ / 選挙権が... イリノイ州へのバイロン原子力発... >>