ASPアクセス解析
AX                
                            
<< 『今回のスコットランドの不正住... < > 【反原発ディレクター衝撃自殺!... >>
                            
『赤ちゃんの泣き声、判別アプリ・台湾』/ 朝日新聞
今年もイグ・ノーベル賞の季節がやって参りました。


日本人の受賞のニュース以上に私の興味をそそった
ニュースを目にしました。


それは、
『空腹?おむつ?赤ちゃんの泣き声、アプリで分析 台湾』
2014年9月20日


というモノ、

しかもその判別の正解率は92%に達している
というのですから「バウリンガル」以上です。






これは世界中の新米ママにっとは朗報でしょう。






世の中には『赤ちゃんを泣き止ます音』とか
イロンな生活の知恵がありますから、
このアプリ以上に世に知らしめたいですネっ。



















 赤ちゃんが泣いているのに、どうして泣いているのか分からない――。そんなパパやママの悩みが解決されるかもしれない。台湾の雲林科技大学が新生児の泣き声データ10万件余りを分析し、泣き方から原因を特定するアプリを開発した。18日に始まった台北国際発明・技術交易展に出展され、年内に発売予定だ。

 開発責任者の張伝育・同大特任教授によると、台湾大学病院小児科の協力で赤ちゃんの泣き声の音声データを収集。赤ちゃんが何を求めていたのかを現場で看護師が記録し、音声データとつきあわせたところ、空腹時は大声で規則的に泣くなどの特徴が分かった。

 チームはこうした特徴をもとに、赤ちゃんの泣き声を「おなかがすいた」「おむつを替えて」「眠い」などの6パターンに分類。アプリで泣き声を録音してサーバーに送ると、瞬時にどのパターンか判断できる仕組みを作った。正解率は92%に達しているという。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-09-21 00:12 | へえ〜〜っ ? | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 『今回のスコットランドの不正住... 【反原発ディレクター衝撃自殺!... >>