ASPアクセス解析
AX                
                            
<< 『ローマ法王「韓国民、倫理的に... < > 『科学者は、呼吸せずに生きるこ... >>
                            
『チェルノブイリの鳥たちは中和して生き残っていた』/ Science
コチラは真面目な科学のニュース記事です。


『チェルノブイリで数種類の鳥たちは
 放射線に適応していることが判明した』
という内容です。








以下 抜粋・抄訳です。


・・・・
生態学者のチームは、16の種からの152羽の鳥を捕ら
鳥の酸化防止剤レベル、DNA損害の量および
身体条件を評価した後に、研究者が驚いたところ、
ほとんどの鳥が慢性被曝から放射線まで
利益を得るように見えることが分かった。





つまり、
『野生動物が慢性的な放射線被曝に
 適応していることを示している』

一つの例と云っているのです。




なんでも
『調査したシジュウカラおよびツバメの両方(だけ)は、
 羽毛中の大量のピンク色の色素を生産するため(か)
 適応できていなかった』

そうです。




詳しくはコチラ ↓ をどうぞ。
Some Birds Thrive in Chernobyl's Radioactive Glow
25 April 2014
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-04-26 13:25 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 『ローマ法王「韓国民、倫理的に... 『科学者は、呼吸せずに生きるこ... >>