ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 20:52
これまた・・・・|д゚)..
by levin-ae-111 at 20:10
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49
怪しいなぁ~。 クワバ..
by levin-ae-111 at 21:38
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 13:17
コメントした時点で、被害..
by levin-ae-111 at 05:43
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 18:24
お早うございます。 カ..
by levin-ae-111 at 08:32
>ぴよぴ さん お初..
by Tukasa-gumi at 23:51
合歓木の花のように見えま..
by ぴよぴ at 03:59








無料アクセス解析











                            
<< 『対馬は韓国の領土なのォ?!?... < > 『愛子さま、学習院女子中等科ご... >>
                            
『子宮内液には精子を殺す作用が・・・』/『利己的な遺伝子』
誰も記事にしないようなので・・・。


これってとっくに
『利己的な遺伝子』(リチャード・ドーキンス著)で
記述されていることだと記憶しておりますけど・・・、あたくし。


*精子はもっと編隊を組んでいるらしいです。









子宮内液には精子を殺す作用が、精液には子宮内で精子を守る作用があることが判明
スラッシュドット・ジャパン 2014年4月8日 16時37分 (2014年4月9日 01時51分 更新)



子宮内液には精子を殺す作用があり、精漿(精液のうちの液性成分)には精子を守る役割があることが判明したそうだ(プレスリリースPDF、朝日新聞)。
国立成育医療研究センター生殖・細胞医療研究部の河野菜摘子研究員、宮戸健二室長らのグループがマウスによる実験で発見した。実験では精漿タンパク質SVS2が欠損したマウスを作成して交配を行ったところ、体外受精では受精率が高いのに対し、自然交配ではほとんど子どもが生まれなかったという。電子顕微鏡で解析したところ、SVS2がないマウスの精子は子宮内で細胞膜が破壊されて死滅していたことも分かり、子宮内液を取り出して体外で精子に加えると、ほとんどの精子が働かなくなったという。これらから、子宮内液には殺精子因子が含まれており、SVS2にはその因子から精子を保護する作用があることが明らかになった。
従来、精漿は精子の受精能を制御し、子宮内液はなにもしないか受精を助ける方向に働くと考えられていたが、まったく逆の結果である。ヒトにも相同タンパク質SEMG1、2があり、同様の機能を持っていると予想される。ヒトの不妊の原因究明や新たな治療法につながる可能性がある。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-04-09 02:44 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 『対馬は韓国の領土なのォ?!?... 『愛子さま、学習院女子中等科ご... >>