ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31




無料カウンター

無料



最新のコメント
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 22:28
手足を使って操縦するより..
by levin-ae-111 at 20:07
> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 00:01
私も考えるだけで宇宙船を..
by levin-ae-111 at 22:32
>たか さん 何か炊き..
by Tukasa-gumi at 19:11
みて観ます やはりそう..
by たか at 15:54
>an さん ..
by Tukasa-gumi at 12:20
事の真偽はさておき公共放..
by an at 11:30
>たか さん ここ最近..
by Tukasa-gumi at 20:44
少しづつこういったことが..
by たか at 14:11








無料アクセス解析











                            
<< 『韓国の検索サイトネイバーの日... < > LANCOME エマ・ワトソ... >>
                            
『思考で生きた「アバター」を操作、米がサル実験に成功』/ AFP
マスター猿の思考を眠っている別のサルに電極で転送し、
アバター猿の脊髄を刺激することによち
その腕を操作させる実験に成功したと英科学誌の
ネイチャー・コミュニケーションズに発表されたそうです。




これ ↓ との関連記事でしょうか?

『ペンタゴンは国防科学研究所に兵士の脳にチップを注入することを任命しました』

b0003330_16452954.jpg
Pentagon Has Commissioned DARPA To Implant Chips In Soldiers’
BrainsPentagon Has Commissioned DARPA To Implant Chips In Soldiers’ Brains















【AFP記事】
思考で生きた「アバター」を操作、米チームがサル実験に成功
2014年02月19日


【BBC 元ソース】
Master monkey's brain controls sedated 'avatar'
18 February 2014



















2月19日 AFP】サルの思考を、眠っている別のサルに電極で転送し、その腕を操作させる実験に成功したとの研究論文が18日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に発表された。

 実験を行ったのは、まひの治療法開発に取り組む米科学者チーム。鎮静剤で完全に眠らせたアカゲザルの腕を、別のサルの脳の指令により動かし、ジョイスティックを操作して作業を実行させることに成功したという。チームは、脳と脳が制御しようとする筋肉との連絡が完全に断たれている状態の「完全まひ」を再現するためにこの実験を行った。

 論文の共同執筆者、米コーネル大学(Cornell University)電気・計算機工学部のマリアム・シャネチ(Maryam Shanechi)氏は、AFPの取材に「われわれは、実験対象が、まひした腕を純粋に思考だけで制御できることを示した」と語った。この成果は、まひ患者が再び自分の手足を自由に動かすための治療法の確立につながる可能性があるという。

 技術者と神経科学者からなる研究チームは、電極を用いて一方のサルの脳を他方のサルの脊髄に接続し、コンピューターを介して神経信号を解読・中継した。

 チームは「マスター」と呼ばれる最初のサルを、コンピューター画面の前に置かれた特殊ないすに座らせ、頭部を固定。画面には1つのカーソルと、画面上の2か所に現れては消える緑色の丸を表示させた。

 鎮静剤で完全に眠らせた2番目のサル「アバター」は別の場所に置かれ、腕は360度動くジョイスティックにひもで固定された。ジョイスティックは、マスターの前の画面上でカーソルを動かして円形の標的を追うために使われた。

 マスターがカーソルを動かそうと思うと、コンピューターがその脳の信号を解読し、2つの標的のどちらを思い浮かべたかを判別。解読されたデータは、眠っているアバターの脊髄にリアルタイムで中継され、それに応じて腕がジョイスティックを操作する。

 カーソルが標的に命中すれば、ご褒美としてマスターにはジュースが与えられる。

 研究チームによると、「マスター」と「アバター」の役割を交代することもできる2匹のサルは、約84%の確率でカーソルを標的に命中させることができたという。


■思考で動物を動かすことに「初めて成功」

2月19日 AFP】サルの思考を、眠っている別のサルに電極で転送し、その腕を操作させる実験に成功したとの研究論文が18日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に発表された。

 実験を行ったのは、まひの治療法開発に取り組む米科学者チーム。鎮静剤で完全に眠らせたアカゲザルの腕を、別のサルの脳の指令により動かし、ジョイスティックを操作して作業を実行させることに成功したという。チームは、脳と脳が制御しようとする筋肉との連絡が完全に断たれている状態の「完全まひ」を再現するためにこの実験を行った。

 論文の共同執筆者、米コーネル大学(Cornell University)電気・計算機工学部のマリアム・シャネチ(Maryam Shanechi)氏は、AFPの取材に「われわれは、実験対象が、まひした腕を純粋に思考だけで制御できることを示した」と語った。この成果は、まひ患者が再び自分の手足を自由に動かすための治療法の確立につながる可能性があるという。

 技術者と神経科学者からなる研究チームは、電極を用いて一方のサルの脳を他方のサルの脊髄に接続し、コンピューターを介して神経信号を解読・中継した。

 チームは「マスター」と呼ばれる最初のサルを、コンピューター画面の前に置かれた特殊ないすに座らせ、頭部を固定。画面には1つのカーソルと、画面上の2か所に現れては消える緑色の丸を表示させた。

 鎮静剤で完全に眠らせた2番目のサル「アバター」は別の場所に置かれ、腕は360度動くジョイスティックにひもで固定された。ジョイスティックは、マスターの前の画面上でカーソルを動かして円形の標的を追うために使われた。

 マスターがカーソルを動かそうと思うと、コンピューターがその脳の信号を解読し、2つの標的のどちらを思い浮かべたかを判別。解読されたデータは、眠っているアバターの脊髄にリアルタイムで中継され、それに応じて腕がジョイスティックを操作する。

 カーソルが標的に命中すれば、ご褒美としてマスターにはジュースが与えられる。

 研究チームによると、「マスター」と「アバター」の役割を交代することもできる2匹のサルは、約84%の確率でカーソルを標的に命中させることができたという。


 いわゆるブレーン・マシン・インターフェース(BMI、脳介機装置)に関するこれまでの研究では、人間が思考を用いてコンピューターのカーソルやロボットアームなどを動かすことに成功していた。

 シャネチ氏の研究チームは、動物が別の動物の腕を自由に動かすことを可能にしたのは、今回の研究が初めてと話している。また、これまでのBMI研究では、同一線上にある同じ標的に対して何度も同じ動きを繰り返し行うことしかできなかったという。

 今回の研究で異なる点は、体を動かすために必要となる詳細な段階的プロセスを読み解こうとするのではなく、サルが画面上の標的に向かうように発した脳信号を解読した点だ。

 論文の共同執筆者で、米ハーバード大学医学大学院(Harvard Medical School)神経系修復センター(Center for Nervous System Repair)のジブ・ウィリアムス(Ziv Williams)氏は、今回の研究の新しい点として、2匹のサルを使用して「実際の四肢麻痺により近い状態を再現」したことも挙げている。

 単体の動物の脳と筋肉を連結する場合、実際に起きた筋肉の動きが、「保持された筋肉収縮の感覚フィードバックによる影響」をどの程度受けているかを断定することは不可能だと、ウィリアムス氏は説明する。

 他の科学者からは、今回の研究の成果について、ある特定の動作をしたいというまひ患者の欲求を特定し、実際の動作に変換するための「重要な前進」と評価する声が上がっている。ただ、鎮静剤で眠らせたサルで得られた今回の成果を、長く使わなかったために筋肉が弱くなっている本物のまひ患者でどの程度再現できるかは不明だ。(c)AFP/Mariette LE ROUX







ーーーーーーーーーーーー


以下は、BBC記事のPC訳です。




マスター猿の脳コントロールは「アバター」に鎮静剤を飲ませた。
1匹の猿の脳は別のもの、「アバター」、猿、米国科学者報告書の動作をコントロールするために使用された。
ブレーンスキャンはマスター猿の心を読み、抑制された移動に帰着して、電気的にアバターの脊髄を刺激するために使用された。
チームは、麻痺した人々が自分の身体のコントロールを回復することを可能にするために方法を洗練することができることを望む。
ネイチャー・コミュニケイションズで公表された調査結果は記述された‥‥として「重要なステップ‥‥前に。」
脊髄への損害は、歩くことができないかあるいは自給することができない人々を残して、脳から身体まで情報のフローを止めることができる。
研究者は、機械類を備えた損害に橋を架けているつもりである。
電気的な活動と一致する。
ハーバード・メディカル・スクールの科学者は、彼らが猿を麻痺させることを正当化することができなかったと言った。
代わりに、2は使用された-マスター猿および鎮静剤を飲ませられたアバター。
100までのニューロンの活動を監視することができるマスターは脳内チップを注入した。
トレーニング中に、猿の物理作用はニューロンの中で電気的な活動のパターンでうまく調和させられた。
アバターは脊髄に36の電極を注入した。また、テストは電極の刺激的な異なるコンビネーションがどのように移動に影響したか確かめるために行なわれた。
その後、1のブレーンスキャンが他方中のリアル・タイムの動作をコントロールしたように、2匹の猿は引っ掛けられた。
鎮静剤を飲ませられたアバターはジョイスティックを保持した。その一方でマスターはカーソルを上へ移動させるか下へ移動させることに関して考えなければならなかった。
テストの98%で、マスターは正確にアバターの腕をコントロールすることができた。
研究者(Zivウィリアム博士)のうちの一人はBBCに伝えた:
「ゴールは、脳幹か脊髄麻痺を持った人々を連れて行き、傷を回避することである。
「希望は結局完全に自然な移動を得ることである。私は、それは理論上可能であると思う。しかし、それは、そのポイントに到着する指数関数的な付加的な努力を必要とするだろう。」
彼は、麻痺した人々に小さな量さえの移動を与えることが劇的にそれらの生活の質を変更するかもしれないと言った。
現実またはSF?
アバター身体をコントロールする1つの脳についての考えは超大作ハリウッド映画の材料である。
しかしながら、教授クリストファー・ジェームズは、ウォリックの大学に、考えによって他の人々の体をコントロールする将来を捨てた。
彼は次のように言った:
「何人かの人々は、これが誰か他の人の体のコントロールを引き継ぐ誰かを意味するかもしれないと懸念しているかもしれない。しかし、この危険は簡単なことである。
「四肢のコントロールが精巧な一方、それはまだやや天然のままである‥‥全面的、プラス‥‥もちろん、健常者では、それらの四肢に対する自分のコントロールはとにかく残る、したがって、誰も、すぐに誰か他の人のそれらの希望に反する体を常にコントロールするつもりでない。」
代わりに、彼は、これが「特に脊髄損傷中の四肢をコントロールするか、手足手足を失った者と義肢をコントロールするための」「深遠な」含意を備えた「非常に重要な研究」であると言った。
そのゴールの実現はさらなる挑戦に直面するだろう。
カーソルを上下に移動させることはカップから飲むために必要とされる機敏な移動からほど遠い。
麻痺の後に人々の筋肉にさらに違いがある;
それらは、より厳密になる傾向がある。
また、血圧の変動は回復するコントロールをもっと挑戦させるかもしれない。
Profバーナード・コンウエー(Strathclydeの大学の生物医学工学のヘッド)は、次のように言った:
「麻痺によって影響を受けた人々への目的のある移動を回復するのに使用される、ブレイン-マシン・インターフェースの可能性を実証する作品は、重要な前進である。
「しかしながら、この技術がそれを必要とする人々に提示されることができる前に、重要な作品はまだこれから行われる。」
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-02-24 18:25 | ビックリっ! | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 『韓国の検索サイトネイバーの日... LANCOME エマ・ワトソ... >>