ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>ぴよぴ さん お初..
by Tukasa-gumi at 23:51
合歓木の花のように見えま..
by ぴよぴ at 03:59
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:26
将来は偉大なアスリートに..
by levin-ae-111 at 09:22
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 00:06
全く感じ無かった。 鈍..
by levin-ae-111 at 17:21
ネッシー>levin-a..
by tukasa-gumi at 22:50
イカ >levin-ae..
by tukasa-gumi at 22:46
生物には見えませんね。 ..
by levin-ae-111 at 21:03
イカでまずければ・・..
by levin-ae-111 at 20:54








無料アクセス解析











                            
<< 大手エステから92%OFFの優... < > 『房総半島沖で「スロー地震」を... >>
                            
『 東京大学の研究チーム 物体の音波浮揚、3次元操作に成功』/ナショナルジオグラフィック ニュース
すごいニュースなので記事全文をコピペいたします。



これで行くと、古代の巨石文明の建築物を
声/音を出して移動させていた という噂が
がぜん真実味をおびて来ます !?!












物体の音波浮揚、3次元操作に成功
January 8, 2014


東京大学の研究チームが、超音波で浮上させた物体を
3次元的に操作する世界初の実験に成功した。
空中に舞い上がった小さな物体を、
上下左右あらゆる方向に動かすことができる。


音波浮揚は1940年代からが試みられており、
アイデア自体はよく知られている。
その後、研究が停滞した時期もあったが、
電子機器の発達に伴ってこの10年で再び活発化している。
研究成果をアピールするため、ハチやアリ、
魚などでデモを実施する研究者も後を絶たない。

 落合陽一氏率いる東大の研究チームは、
285個の音響トランスデューサー(変換器)を組み込んだ
超音波スピーカーで、プラスチック・ビーズの3次元操作に成功。
コーネル大学図書館に提出した研究論文で、
「音波浮揚の操作性が格段に向上した」と実績を誇っている。

 アメリカ、イリノイ州のマテリアルズ・デベロップメント
(Materials Development)社で音波浮揚を研究する
リック・ウィーバー(Rick Weber)氏も、
「研究が大きく前進した。音波浮揚の新たな可能性に期待したい」
とコメントしている。

 昨年、スイスの研究チームが2次元操作のデモに成功したばかりで、
この分野の急速な進歩に同氏は驚いている。



◆格子状の音波

 東大チームが実験に投入したのは、ビーズ、電子機器の部品、
マッチ棒、ネジ、ナットやアルコールの水滴など身の回りの品々だ。

 52センチ幅の浮揚装置の中で、上下、左右、前後に大きく動かして見せた。

 四方を囲むスピーカーアレイ(トランスデューサーの配列)
が発する超音波は、人間の耳では聞こえない。

 研究チームは、対象物を取り囲むように
4枚のパネルスピーカーを配置。音波の強度を同期的に調整して、
ビーズなどを簡単かつ自由に操作する実験に成功した。

 音響トランスデューサーの配列は、格子状に並んだ点を空間に作り出す。
この焦点で音波が増幅し、物体が浮揚する圧力が生み出される仕組みだ。

 つまり、空間に並んだ焦点が、
ビーズなどが浮遊する際の支えとなるのである。



◆サラダの浮揚

 ウィーバー氏は、3次元移動が成功したポイントとして、
前後左右に増やしたトランスデューサーと、
操作を容易にしたコンピューターの処理能力向上を挙げている。

 2013年、アメリカのアルゴンヌ国立研究所は、
物体を縦方向に浮かべる浮揚デモを実施。
塩やバジルオイルの包みを順序よく並べて、
サラダの出来上がりとしゃれ込んだ。同氏はこの実験を引き合いに出し、
「音波を格子状に発する手法は、音波浮揚の研究では標準的」
と指摘している。

 また、「3次元操作を駆使すれば、様々な工程で従来より
多くの材料の組み合わせが実現するだろう。
しかも、容器など一切使う必要がない」ともコメント。

◆超高純度の医薬品

 この技術は、超高純度医薬品の試験に応用される可能性が高い。
音波浮揚を利用し空中で液体を分析できれば、
結晶化や不純物が混入する失敗を避けられる。

 また、研究論文は、「重力の影響下で浮上させる手法は、
無重力環境に応用できる可能性もある」という言葉で結ばれており、
宇宙空間での利用も念頭に置いているようだ。

 例えば地球からの遠隔操作で、宇宙ステーション製の医薬品や
超高純度結晶が実現するかもしれない。

Image captured from VIDEO by Yoichi Ochiai, et al./University of Tokyo
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-01-10 22:13 | 図書 | Comments(2)
Top↑
Commented by levin-ae-111 at 2014-01-11 17:11
凄いですね。これでピラミッドや古代神殿などの巨石をどうして
持ち上げたか解明されるかもですね。楽しみです。
みしかしたら、空飛ぶ車も実用的になるかも(^^)
Commented by Tukasa-gumi at 2014-01-11 20:52
> levin-ae-111さん
これスゴイですよねっ。


トンデモ系でプラズマ照射で空中に物体を浮かす というは
聞いたことがあるのですが、こちらの方が信憑性有りです。

(当たり前ですが)



『『超音波、骨折に効果』とアボリジニ』ように
音/波動にはイロイロ役に立つ用途が多々ありそうです。
h ttp://tukasagumi.exblog.jp/7383320/




どちらにしても今後が楽しみですネっ!





アクセス解析
<< 大手エステから92%OFFの優... 『房総半島沖で「スロー地震」を... >>