ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31




無料カウンター

無料



最新のコメント
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 22:28
手足を使って操縦するより..
by levin-ae-111 at 20:07
> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 00:01
私も考えるだけで宇宙船を..
by levin-ae-111 at 22:32
>たか さん 何か炊き..
by Tukasa-gumi at 19:11
みて観ます やはりそう..
by たか at 15:54
>an さん ..
by Tukasa-gumi at 12:20
事の真偽はさておき公共放..
by an at 11:30
>たか さん ここ最近..
by Tukasa-gumi at 20:44
少しづつこういったことが..
by たか at 14:11








無料アクセス解析











                            
<< 『911 のダストに高濃度の花... < > 『英、原爆使用に同意 広島投下... >>
                            
『盗品ルノワール 落札  1.5 億円』/ 理解できません
盗品ルノワール 落札 英競売 1.5 億円 2000年、世田谷で盗難
2013年8月5日 夕刊


b0003330_13283951.jpg





このルノワールという画家が描いた油絵がなんと
1億五千万円もの価値があるというのです。




皆さんはこの絵を上手いと思っているのかしらん??


この絵を観て感動したり心震えたりするのかしらん??


畏敬の念を抱いたりするのかしらん??



正直いまいち理解できません、あたくし。







これ、油絵でしょう?!

(絵画と難しく言う人達もいます)




精巧なコピーと、いったいどこが違うのでしょう?




西洋の歴史の一部が売買されているので、
それに見合った価格ということなのでしょうか?




ビートルズのレコードが世界に一枚しかなく、
テープやCDで世界に普及し広められ
その原盤に価値がある・・ という感じなのでしょうか?


(・・とするならば、バイヤー的な価値ですよネっ!?
 
 全てのルノアール作品に価値があるとはとうてい思えません)






えっと私が云いたいのはネームバリューなどには
何ら価値はないのでは?

ということです。



世の中的には『芸術』と言うらしいのですが、
コレクター(美術館)やバイヤー以外にこの油絵に
1億五千万円もの値段をつける人がいるのでしょうか?



その 価値 が分かっていないと人は言うでしょうが、
『価値』とはそのようなモノサシで
はかるモノなのでしょうか?



とっても理解に苦しみます。


 (もしバイヤー的な価値があるとするならば、
 (名画)映画のマザーフィルムなどもその対象になるハズです)









判りました。



この世界では 金額 で示されることが
一番理解しやすい値なのですネっ!?!



そろそろ新しいモノサシを持っても良い時期だと思います。


『金額』や『歴史』ではなく『尊敬』とか『理念』とかに
目を向けても良いかと。


そしてそれは、『金銭』での『理/ことわり』では無いと思います。






すみません、いつものように睡魔が襲って来ました・・・

尻切れトンボですがこの辺で失礼いたします、
悪しからず。











陸前高田の「奇跡の一本松」 の復元には
1億5千万円かかったそうです・・・。





ピカソが食事の代金として即興で絵を描いた・・.
という事を聞いたことがあります。

これって とある宗教家 と同じ脳内構造ですよネっ!?


自分自身に絶対的な価値があると思っているのですから。



























二〇〇〇年に東京都世田谷区の住宅から盗まれたルノワールの油絵が今年二月、英国の競売大手サザビーズによる競売に出品され、約百五万ポンド(約一億五千万円)で落札されていたことが五日、捜査関係者への取材で分かった。
 警視庁成城署が窃盗事件として捜査したが、容疑者は特定されていない。海外には盗難美術品のデータベースがあるが、この油絵は登録されておらず、競売会社の盗品チェックもすり抜けたとみられる。盗まれた名画をめぐる国際協力の在り方に課題を残した。
 油絵はルノワールが知人の画家の妻を描いた「マダム・ヴァルタ」で、一九〇三年制作。
 捜査関係者によると、二〇〇〇年八月、帰宅した世田谷区の男性が、シャガールの油絵「花束」や日本画家故平山郁夫氏の「法隆寺の塔」など五点とともになくなっているのに気付いた。
 競売は今年二月五日にロンドンであり、落札されているのに気付いた男性が三月、警視庁などに問い合わせて発覚した。男性は返還を求める意向だが、購入者の特定や返還請求の期限の問題があり、取り戻すのは難しい。
 サザビーズは取材に対し、顧客情報は極秘として出品者や落札者を明らかにしていないが「(出品時の)調査では出品者は正当な持ち主で、保証もあった」と回答した。
 出品者は〇〇年に絵を取得したといい、盗まれてから短期間のうちに買い手が付いたとみられる。
 盗難品の可能性についてサザビーズは「調査中で、関係者と協議している」と説明している。
 <ピエール・オーギュスト・ルノワール> 1841~1919年。色彩が豊かで原色を多用する印象派の巨匠。陶器で有名なフランスのリモージュ生まれ。13歳から陶器の絵付け職人に弟子入りし、デッサンの勉強も始めた。人物画を中心に4000点以上描いたとされる。代表作に「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場」「舟遊びの人々の昼食」など。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2013-08-08 01:27 | へえ〜〜っ ? | Comments(2)
Top↑
Commented by heibay at 2013-08-08 13:14
こんにちは、
昔、石を診れる先生とNYへ行ったことがありますが、
セントラルパークにむき出している岩など、庭石として十分に力があるそうです。
その先生とメトロポリタン美術館でレンブラントを観たとき、先生が人物から力が出ていませんと言われていました。
その先生の基準は、飾ったりすることで観た人がちょっとでも健康になることです。
Commented by Tukasa-gumi at 2013-08-08 20:05
> heibayさん
ごぶさた〜 です。

スピ系解釈ですと長年多数の人々に見続けられたモノには
(人々の)それなりの念が入るそうです ?!?

んでもってモノにはそれなりにオーラがあるそうでです。


しかし「石を診れる先生」とは・・・・、
やっぱりパワーストーンってあるのでしょうね。


!?!

だから女性は
ダイヤモンドなどに引かれちゃうのでしょうネっ!?!



コメントありがとうございましたァ。







アクセス解析
<< 『911 のダストに高濃度の花... 『英、原爆使用に同意 広島投下... >>