ASPアクセス解析
AX                
                            
<< 『モンサントに対いする世界的な... < > 旧日本軍 元「慰安婦」橋下市長... >>
                            
「ぜひもののニンニク」/ 朝日新聞『かしこいおかず』
今日の朝日新聞の『かしこいおかず』という
調理法を紹介するコーナーががあります。

(今回はイタリア料理のサルシッチャでした。)


その記事の中で、

スパイス使いについて、有馬さんは「量は控えめに」。(改行)
ぜひもののニンニク、・・・・・

という記述がありました。




皆さんこの「ぜひもののニンニク」ご存じですか?



私は一瞬思考が停止いたしました。




ニンニクはわかります、料理を紹介をしていますので。



問題は「ぜひものの」。


これ、

「ぜひものの」という「ニンニク」なのか?

「ぜひもの」の「ニンニク」



「サルシッチャ」なる
イタリアのハンバーグ/ソーセージの紹介なので
もしかしたら見聞したことがない
「ぜひもの」という「ニンニク」がイタリアには
あるのかもしれない!?!

などと思ってしまいました。

(ぁっ、私だけ!?)





これが

「ぜひモノ」とか、

「ぜひ物」だったり

「是ともの」と明記されていたら直ぐに

理解できたのですが・・・・
テレビ番組にうとい私は直ぐに判断できませんでした。










ついでに

かぎ括弧のあとにの句点。




この表記も初めて見ました、あたくし。


検索いたしますと、
「かぎ括弧 のあとの句読点」は
ルールというものがないらしい・・・。




さすが主語がなくとも会話できる日本語、
文章にするのには無理があるのですネ きっと!?!















ぜひもの
[テレビ用語]
テレビ番組を構成する上で、絶対に欠かせない部分・
ネタ・アイテム等のこと。
スポンサーの要望で挿入を強要されるものもあり、
番組によっては「マルゼ(絶対という意味)」ともいう。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2013-05-26 11:56 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 『モンサントに対いする世界的な... 旧日本軍 元「慰安婦」橋下市長... >>