ASPアクセス解析
AX                
                            
<< あの灯火の住人、今宵は・・・・ < > きょうの創作料理 / 生のトマ... >>
                            
警官がドアをやぶって拳銃を突きつけます / 動画
まるで映画のワンシーンみたなんだけど、
実際の動画らしいです・・・。

(動画の戦後の内容も定かではありません)


しかし、
警官にドアを蹴破って部屋に入られ、
銃口を向けられたらビビリますよねっ、


(警官側から言わせれば、「いるのに出てこないのが悪い」
 という事でしょう。)




それにチョットでも不振な動きをしたら
・・・・



銃社会のなせる一面なのかもしれません。





   Cops Break Into Private Residence, Taze Person Filming 2013
       アゼルバイジャン人の私邸に警察官等が侵入します




『08年からアメリカでは公共の場でダンスが禁止されました』/ 動画



























米国憲法の完全な無視を表示して、4人の警官のうちの1つ人は、家の内部の人が議論するので、家庭内暴力呼び出しによりそれらがホームに入るだろうと発表します、「家庭内暴力はありません、単なる叫ぶことについての議論。」そして考えられる原因と保証を指示する、憲法修正第4条の中継セクション、誰かのホームに入る警察に先立って得られます。
次の担当のオフィサー、なぜそれらが外に来ないか家の内部で人に尋ねる前に、まもなく分配される精神的トラウマの量を恐らく評価して、何人の子どもが家にいるか尋ねる、どれに、答えを撮影する人、
「私たちが警察国家で暮らさないので、貴下。
戒厳令はこの国で確立されていません。」
人のレスポンスをgnoringして、「私たちがドアを蹴るので」、オフィサーは、それらの後部の後ろのItheir手を備えた床に降りるように居住者に命じます。
次に来るものは、警察が無制限の無制限な自由を与えられれば、アメリカの任意のホームの中の誰の身にでもふりかかるかもしれないことの冷える例です。
なぜ人のホームおよびプライバシーに侵入することは必要であると警察が分かったか正確に正確に示すのに困難ですが、もし人が出来事を撮影していなければ財産の文書化された押しこみ強盗、憲法違反および破壊が恐らく明るみにされていなかっただろうと仮定することができます。
(情報戦争)
[PR]
by Tukasa-gumi | 2013-05-16 12:24 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< あの灯火の住人、今宵は・・・・ きょうの創作料理 / 生のトマ... >>