ASPアクセス解析
AX                
                            
<< 我が街のスーパー出店戦争 / ... < > 『東日本大震災の漂流物の見舞金... >>
                            
「4月28日 主権回復の日」は休日?!/ 肝に銘じましょう
なんでも
「主権回復の日」の式典を開催すると
閣議決定したそうです。

んでもって両陛下も出席だそうです。

(これって 政治的利用 にならないのかしらん??)




確かに?内容としては「まぁ、そうだよなぁ〜」
というところなのですが、
歴史的にみてプロパガンダはそうは許しません。



遅かれ早かれ「徴兵の日」として認識される
ということを私予言いたします。











このようなエントリーをアップできるのも
ここ数年の内かもしれません  ?!!!?
[PR]
by Tukasa-gumi | 2013-03-15 01:15 | へえ〜〜っ ? | Comments(2)
Top↑
Commented by 左翼 at 2013-03-16 01:19 x
大戦後、日本は国際法上「占領」されたのであって、主権が無くなったのではないのですがね。占領下、天皇陛下も総理大臣もいたし、内閣も各省庁も機能していたし、日本法が適用されていたし、裁判所も裁判をしていたのですが。昭和55年10月9日に衆議院予算委員会で奥野誠亮法務大臣が「昭和二十七年に独立するまでは主権は日本になかった」と発言し問題になり、その日のうちに発言を取消し謝罪し「主権は日本にあった」という政府公式見解が出たのですが。しかし、日本に主権がなかったのなら「日本は消滅した」「皇位は断絶した」「国体は護持できなかった」となるのですが、国体護持のみを願った当時の保守派が聞けば卒倒ものですね。あと「日本は独立した」と言いますが、どの国から独立したと言うのでしょうか。ばかばかしい限りです。
あとサンフランシスコ平和条約は、右翼の人が大嫌いな極東軍事裁判の判決を日本が受諾した条約でもあるのですが、分かっているのですかね。
Commented by Tukasa-gumi at 2013-03-16 09:10
>左翼さん
お初に。
漢字の意味をしらべましたら、「主権」と「独立」は
ほとんど同意語なのですね、知りませんでした。

「主権が無くなった」と考える人達は
「占領」=「非独立」という考え方なのかもしれません。



「裁判は受諾したが判決は受諾していない」
という理論でしょうか?

いわゆる東京裁判は東條さんが頭を叩かれた
こと位しか知りません。




戦争は人を殺しても許される事態ですから、
戦争で負けたということはある意味、
殺される以外は何をされても文句が言えない、
という事だと思っております、あたくし。



コメントありがとうございました。





アクセス解析
<< 我が街のスーパー出店戦争 / ... 『東日本大震災の漂流物の見舞金... >>