ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49
怪しいなぁ~。 クワバ..
by levin-ae-111 at 21:38
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 13:17
コメントした時点で、被害..
by levin-ae-111 at 05:43
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 18:24
お早うございます。 カ..
by levin-ae-111 at 08:32
>ぴよぴ さん お初..
by Tukasa-gumi at 23:51
合歓木の花のように見えま..
by ぴよぴ at 03:59
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:26
将来は偉大なアスリートに..
by levin-ae-111 at 09:22








無料アクセス解析











                            
<< 日本語の会話は主語がなく『述語... < > あなたも遭遇しましたかァ / ... >>
                            
『死後の世界はある!? 脳神経外科権威の主張』/ excite
私としてはコチラ ↓ の意見の方が良いかなっ!?!

「人が死にますと、
 みんな光のトンネルに光に向かいますが

 そのままついていくのではなく、
 向きをグッと変え広い宇宙のかなたに目を向けなさい。

 光の方へ行く必要はないのです。」









         ーーーーーーーー

死後の世界はある!? 脳神経外科権威の主張に世界が仰天!!
2012年10月17日 11時00分

・・・・
長らく来世(死後の世界)を否定してきた
エベン・アレキサンダー博士は、過去に7日間
こん睡状態に陥った経験を持つ。彼はこの経験から
「死後の世界はある」と主張し、
その内容が米有力紙に掲載され世界的に注目を集めている。
その彼の経験とは?
 
エベン博士は2008年に急性細菌性髄膜炎という重い病にかかり、
脳の新皮質に深刻なダメージを受けてこん睡状態に陥った。
ハーバード大学で教育を受け、25年にわたって神経外科医として
一線で活躍する彼は、病気以前に死後の世界を否定していたのだ。
・・・・
ところが病から復帰した後は、
来世に対して肯定的な意見を持つようになった。
それは彼自身の経験によるものだった。

博士によれば、死後の世界では脳から独立した意識が
現実とは異なる世界を旅していたという。
青い目の美しい女性に出迎えられたその世界は、
大きなピンク色の雲(のようなもの)が
果てしなく広がっていたという。

そして「鳥」もしくは「天使」、
そのいずれの言葉でも説明し切れない存在が飛び交い、
壮麗な「音」が響きわたりまるで雨のように
降り注いでいたそうだ。そして
その「音」に触れることさえできたとのこと。

これらは、博士にとって実生活よりもリアルな体験であり、
自身の結婚や子供の出産に匹敵するインパクトを受けたという。
肉体が正常に機能をしていないながらも、
視覚・聴覚・嗅覚をともなう経験であり、
言葉ですべてを説明できないと話している。
・・・・

  Afterlife exists says top brain surgeon 
       ーーーーーーーー


b0003330_2304546.jpg





b0003330_23156.jpg





AFPのニュース記事によると
ハーバード大医学部での教職歴も持つ米国の神経外科医、
エバン・アレキサンダー氏が書いた臨死体験に関する手記
『Proof of Heaven: A Neurosurgeon's Journey into the Afterlife』(天国の証:ある神経外科医の死後への旅)
が26日、米国で出版される。


 2児の父で端正な外見の米バージニア大の医師、
アレキサンダー氏の死後への旅は頭痛から始まった。
2008年11月、非常に珍しい細菌性髄膜炎が
アレキサンダー医師の脳の新皮質を停止させようとしていた。

新皮質は脳の中で、知覚や意識的な思考をつかさどる部分だ。
それから7日間、アレキサンダー氏は「深い昏睡状態だった」が、
同時に「この宇宙のもっと大きな次元、
存在するとは想像をしたことさえなかった次元に旅していた」
と言う。


 その異次元でアレキサンダー医師を迎えてくれたのは
「黒に近い深い紺色の空」に浮かぶ
「大きく膨らんだ薄いピンク色の雲」を背にした
「揺らめく光を放つ透明な存在の群れ」だった。
「この世でわたしが知っている何物ともまるで違った」


 そしてアレキサンダー医師は自分の他に
何者かがいることに気付いた。
死後への旅の連れは、琥珀(こはく)色の髪に
紺碧(こんぺき)の瞳をした若い美女だった。
女性は何百万というチョウに囲まれ「
言葉をいっさい使わずに」話し掛けてきた。
「あなたは永遠に愛され、大切にされます。
恐れることは何もありません。
あなたに過ちを犯させるものは、ここにはありません」


■さまざまな反響を呼ぶ

 アレキサンダー医師の著書の抜粋が
米誌ニューズウィークに掲載されると、
さまざまな反応が巻き起こった。


 当然のごとくこの超常体験への疑念も投げ掛けられた。
同誌のウェブサイトには
「単に『明晰夢(夢だと自覚しながら見る夢)』を
見ていただけに聞こえる」、
「個人的なエピソードは感動的かもしれないが、
証拠にも証明にもならない」といった意見が投稿された。

米ゴシップサイト「Gawker.com」は読者に、
アレキサンダー医師が見た死後の世界とLSD による
トリップ体験に違いがあればそれを指摘してみてはと
皮肉に呼び掛けた。


 しかし、
すでにテレビの科学番組に出演し臨死体験を語ったり、
昨年は科学と精神世界に関するブログメディア
「Skeptico.com」で長いインタビューに応じた
アレキサンダー医師を擁護する声も少なくない。

ローマ・カトリック教会のニュースサイト
「カトリック・オンライン」は
「死後の世界に関する証拠や証明があるのならばそれは素晴らしい」
とアレキサンダー医師の説明を是認する姿勢を示した。


 ある推計によれば米国人の約3%、900万人以上が
臨死体験をしており、「臨死体験研究財団」の
ウェブサイトなどに体験記を寄せている。


■「天国」の描写は麻薬様物質と関連か


 臨死体験に関する著作のあるポール・ペリー氏は
「毎年数万人が臨死体験をしており、その多くが
アレキサンダー氏の体験と似たものだ」と言う。

ペリー氏はAFPの取材にメールで
「そうした体験は私たちの次なる驚くべき冒険を
垣間見せているのかもしれない。
しかしこの分野に関する有意義な研究は
今のところ行われていない」と回答した。


 神経生物学と人間の恐れについて研究している
米コロンビア大の心理学者、ディーン・モブス氏は
アレキサンダー氏の体験を認めつつ、
「超常現象的な要素はないと思う」と語る。

臨死体験とは
「脳が通常通りに機能しなくなっている現れだ」
とモブス氏は言う。

「わたしの考えでは、
われわれの脳は特に混乱した状況や外傷を受けた状況に置かれると、
鮮明な体験を作り出すことができる。
周囲で起きていることを脳が解釈し直そうとするのだ」


 例えばスイスの神経科学者オラフ・ブランケ氏は、
右側頭葉と頭頂葉が接する部位を刺激して
人工的に体外離脱体験を引き起こす実験を行っている。

ブランケ氏はまた、
人間は究極の危険に直面すると麻薬様物質(オピオイド)を
大量分泌することがあるとも指摘している。
オピオイドは臨死体験者の報告にあるような多幸感を生み出す。


 モブス氏はさらに臨死体験をしたと主張する人たちの多くは、
実際には死ぬ寸前ではなかったとも指摘している。
実際、一時的に死亡状態となりその後蘇生した人々の大多数は、
どこかへ行ったという記憶をまったく持っていないと言う。

        ーーーーーーーーーーーーー 







          Dr. Wilder Graves Penfield
[PR]
by Tukasa-gumi | 2012-10-17 20:48 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 日本語の会話は主語がなく『述語... あなたも遭遇しましたかァ / ... >>