ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
ネッシー>levin-a..
by tukasa-gumi at 22:50
イカ >levin-ae..
by tukasa-gumi at 22:46
生物には見えませんね。 ..
by levin-ae-111 at 21:03
イカでまずければ・・..
by levin-ae-111 at 20:54
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 22:28
手足を使って操縦するより..
by levin-ae-111 at 20:07
> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 00:01
私も考えるだけで宇宙船を..
by levin-ae-111 at 22:32
>たか さん 何か炊き..
by Tukasa-gumi at 19:11
みて観ます やはりそう..
by たか at 15:54








無料アクセス解析











                            
<< 『JA本部、小麦の産地表示しな... < > 『剣道』 / そのすばらしき精神世界 >>
                            
『女媧(じょか)の墓 発見』!? / 中国 報道
ビッグ(ビックリ) ニュースですっ!



何とあの女媧(じょか)のお墓を発見した
とのニュースが入ってまいりました。



訳はのちほどアップ予定です。





まぁ 
中国は今までにいろんな偉人のお墓が見つかってますから・・・。






吉縣人祖山發現6200年前“皇帝遺骨”
2012年06月08日 05:46


本報訊 (見習記者 郭玉琴 通訊員 李思義 王彥章)“吉縣人祖廟是我國目前發現較早祭祀女媧的遺跡,在媧皇宮女媧塑像下發現的‘皇帝遺骨’,經北京大學碳14測年為距今6200年左右,根據明代當地人的墨書題記,極有可能屬於傳說中史前三皇時代的‘媧皇’遺骨。”這是6月2日至5日,吉縣人祖山考古文化旅遊鑒評聽證會上,國家文物局原副局長張柏、故宮博物院副院長李文儒等23位專家形成的共識。

人祖山是以山頂祭祀人祖女媧和伏羲的廟宇而命名的一座山,主峰位於吉縣縣城西北30公里處。該廟有戰國、漢唐、宋元、明清等時期遺物,在女媧塑像下的一個木函裏發現明代人們認為的 “皇帝遺骨”。遺骨包以黃綾,盛于木函。木函墨書寫有:“大明正德十五年,天火燒了金山寺,皇帝遺骨流在此,十六年上樑立木……皇帝遺骨先人流下”。

“皇帝遺骨”及其他考古的發現,為吉縣人祖山區域是中華婚育文明、農耕文明、八卦和古代曆法起源地之說提供了實物佐證。



吉県人の祖の山は6200年前に“皇帝の遺骨”の
2012年06月08日を発見します 05:46出所:山西日
刊新聞 店名:T|T0人は参与します

本社ニュースによると配布します
(記者見習い 郭玉琴 レポーター 李思義 王彦章)

“吉県人の御霊屋は我が国が現在比較的にもっと前に
女性waの遺跡に祭りを営むことを発見するので、
wa皇の女官wa塑像の下で発見の‘皇帝の遺骨’、
北京大学の炭素の14を通じて(通って)年を測るのは
今6200年の頃離れるので、明朝の地元の人の
墨の本の前書きによって、きわめて有り得伝説の中で
先史の伝説上の3人の皇帝の時代の
‘wa皇’の遺骨に属します。

”これは6月2日~5日で、吉県人の祖の山の考古の
文化の旅行は映せて公聴会の上で評論して、
国家の文化財局の元副局長の張柏、
故宮博物館の副院長の李文儒などの23位の
専門家の形成の共通認識。

人の祖の山は山頂が人の祖の女性waと
伏羲の廟の建物に祭りを営むで命名の1基の山で、
主峰は吉県県政府のある町の西北の30キロ
メートルの所に位置します。この廟は戦国、漢唐、
宋元、明清などの時期遺物があって、
女性wa塑像の下の1つのぼうっとする手紙の中で
明朝に人々が思ったことを発見します “皇帝の遺骨”。

遺骨は黄色のあや絹で包んで、
ぼうっとする手紙で入れます。
ぼうっとする手紙墨が書いてあります
:“明朝の正徳の15年、日は金山寺を焼いて、
皇帝の遺骨はここで流れて、16年の棟上げの立木
……皇帝の遺骨は先に人の流れはおります”。

“皇帝の遺骨”とその他の考古の発見、
吉県人の祖の山の地区が中華の結婚出産は文明、
農耕の文明、八卦と古代暦法の始まってのが
実物の証拠を提供するためと言ったのです。




       ーーーーーーーーー


山西出土疑似上古“媧皇”遺骨 經國家文物局鑒評(圖)
2012年06月09日 16:49


     山西吉縣人祖山考古發現6200年前“皇帝遺骨”
b0003330_1419318.jpg



新華網太原6月9日電(記者王學濤)根據北京大學C14同位素測年,成人頭骨為6200年前的測定結論,以及明代當地人的墨書題記,日前在山西吉縣人祖山媧皇宮女媧塑像下發現的“皇帝遺骨”,可能屬於傳說中史前“三皇時代”的“媧皇”遺骨。

這是近日國家文物局原副局長張柏、故宮博物院副院長李文儒等國家省市23位考古、歷史、神話、民俗專家考察人祖山後形成的共識。

人祖山位於黃河中游,據不完全統計,山中歷代廟宇約達200處,其中最負盛名的是建有“媧皇宮”和“伏羲皇帝正廟”的人祖廟。

早在1984年,媧皇宮遭人破壞時,考古工作者就在女媧塑像下發現遺骨,包以黃綾,盛于木函。“木函”墨書寫道:“大明正德十五年(1520年),天火燒了金山寺,皇帝遺骨流在此,十六年上樑立木。……皇帝遺骨先人流下”。明代人的墨書記載把該人骨稱為“皇帝遺骨”。

從2011年8月13日至10月9日,在山西省考古研究所研究員田建文的指導下,考古工作者對人祖廟進行了“搶救性”整理,發現戰國、漢唐、宋元、明清、民國時代遺物291件(套),並在媧皇宮積土中找到人頭骨、木函殘片和距今2100-900年曾作祭品的動物骨頭。這是中國目前發現最早祭祀女媧的考古遺跡。

專家認為,在漫長的母系社會中,女媧首先是原始氏族的名號,同時也成為氏族首領的名字,不會只是一個女媧,會有一代又一代的女媧產生。木函題記中“皇帝”之說,可能是某代或最後一代女媧,是後人對母系社會首領女媧崇高地位的追稱。因此,這個遺骨無疑是明朝人認為的“媧皇”遺骨。

“皇帝遺骨”及其他考古發現,為中華文明探源工程填補了上古無文字記載的歷史斷層,說明山西吉縣人祖山是中華文明的主要起源地之一,為吉縣人祖山區域是中華婚育文明、農耕文明、八卦和古代曆法起源地之說提供了實物佐證。




山西吉県人の祖の山の考古は6200年前に“皇帝の遺骨”を発見します




新華ネット太原は6月9日にニュース(記者の王学涛)は
北京大学C14同位元素によって年を測って、
成人の頭蓋骨は6200年前が結論を測定するため、
および明朝の地元の人の墨の本の前書き、先日山西吉県人の
祖の山wa皇の女官wa塑像の下で発見の“皇帝の遺骨”、
恐らく伝説の中で先史の“伝説上の3人の皇帝の時代”の
“wa皇”の遺骨に属します。

これは祖の山の後で近日の国家の文化財局の
元副局長の張のコノテガシワ、故宮博物館の副院長の李と
文の儒学などの国家省市の23位の考古、歴史、神話、
民俗の専門家の考察人形成する共通認識です。

人の祖の山は黄河中流に位置して、概算統計によると、
山中は歴代廟の建物はおよそ200か所に達して、
その中の最もマイナスの高い名声のは建てて“wa皇宮”と
“伏羲皇帝のまっすぐな廟”の人の御霊屋があるのです。

1984年に、wa皇宮が人に遭って破壊する時、
考古の従事する人は女性wa塑像の下で遺骨を発見して、
黄色のあや絹で包んで、ぼうっとする手紙で入れます。
“ぼうっとする手紙”の墨の本は書きます:
“明朝の正徳の15年(1520年)、日は金山寺を焼いて、
皇帝の遺骨はここで流れて、16年の棟上げの立木。
……皇帝の遺骨は先に人の流れはおります”。
明朝人の墨の本の記録はこの人の骨を“皇帝の遺骨”に称します。

2011年8月13日から10月9日まで、
山西省考古研究所の研究員の田建文の指導のもとで、
考古の従事する人は人の御霊屋に対して
“緊急救助性”を行って整理して、戦国、漢唐、宋元、
明清、民国の時代の遺物の291件の(カバー)を発見して、
そしてwa皇宮が土を積む中で今2100-900年の曾作の
供物の動物の骨に離れることと人の頭蓋骨、
ぼうっとする手紙の不完全な板を探し当てます。
これは中国が現在最初女性waの考古の遺跡に祭りを
営むことを発見するのです。

専門家は、長い母系社会の中で、
女性waはまず原始氏族の名前と号で、
同時に氏族の首領の名前になって、
ただ1人の女性waのことはでき(ありえ)なくて、
1世代のまた1世代の女性wa発生がありますと思っています。
ぼうっとする手紙の前書きの中で“皇帝”の言うこと、
多分ある世代あるいは最後の1世代の女性waで、
後代の人が母系社会の首領の女性wa崇高な地位の
追うことに対して語っているのです。そのため、
この遺骨はきっと明人の思う“wa皇”の遺骨です。

“皇帝の遺骨”とその他の考古は発見して、
中華文明の根源を探る工事のために上古文字の記録がない
歴史の断層を埋めて、明山西吉県人の祖の山を言うのは
中華文明の中の一つで主に始まって、
吉県人の祖の山の地区が中華の結婚出産は文明、
農耕の文明、八卦と古代暦法の始まってのが
実物の証拠を提供するためと言ったのです。





       ーーーーーーーーーーーー


山西吉縣人祖山發現疑似女媧遺骨
2012-06-10

新華網太原6月10日電(記者王學濤) 根據北京大學C14同位素測年,成人頭骨為6200年前的測定結論,以及明代當地人的墨書題記,日前在山西吉縣人祖山媧皇宮女媧塑像下發現的“皇帝遺骨”,可能屬于傳說中史前“三皇時代”的“媧皇”遺骨。

這是近日國家文物局原副局長張柏、故宮博物院副院長李文儒等23位考古、歷史、神話、民俗專家考察人祖山後形成的共識。

人祖山位于黃河中游,據不完全統計,山中歷代廟宇約達200處,其中最負盛名的是建有“媧皇宮”和“伏羲皇帝正廟”的人祖廟。

早在1984年,媧皇宮遭人破壞時,考古工作者就在女媧塑像下發現遺骨,包以黃綾,盛于木函。“木函”墨書寫道:“大明正德十五年(1520年),天火燒了金山寺,皇帝遺骨流在此,十六年上梁立木。……皇帝遺骨先人流下”。明代人的墨書記載把該人骨稱為“皇帝遺骨”。

從2011年8月13日至10月9日,考古工作者對人祖廟進行了“搶救性”整理,發現戰國、漢唐、宋元、明清、民國時代遺物291件(套),並在媧皇宮積土中找到人頭骨、木函殘片和距今2100-900年曾作祭品的動物骨頭。這是中國目前發現最早祭祀女媧的考古遺跡。

專家認為,在漫長的母系社會中,女媧首先是原始氏族的名號,同時也成為氏族首領的名字,不會只是一個女媧,會有一代又一代的女媧產生。木函題記中“皇帝”之說,可能是某代或最後一代女媧,是後人對母系社會首領女媧崇高地位的追稱。因此,這個遺骨無疑是明朝人認為的“媧皇”遺骨。

“皇帝遺骨”及其他考古發現,為中華文明探源工程填補了上古無文字記載的歷史斷層,說明山西吉縣人祖山是中華文明的主要起源地之一,為吉縣人祖山區域是中華婚育文明、農耕文明、八卦和古代歷法起源地之說提供了實物佐証。




山西吉県人の祖の山は
女性wa遺骨のようなことを発見します
2012-06-10


新華ネット太原の6月10日のニュース(記者の王学涛)
北京大学C14同位元素によって年を測って、
成人の頭蓋骨は6200年前が結論を測定するため、
および明朝の地元の人の墨の本の前書き、
先日山西吉県人の祖の山wa皇の女官wa塑像の下で
発見の“皇帝の遺骨”、恐らく伝説の中で先史の
“伝説上の3人の皇帝の時代”の“wa皇”の
遺骨に属します。

これは祖の山の後で近日の国家の文化財局の
元副局長の張のコノテガシワ、
故宮博物館の副院長の李と
文の儒学などの23位の考古、歴史、神話、
民俗の専門家の考察人形成する共通認識です。

人の祖の山は黄河中流に位置して、
概算統計によると、山中は歴代廟の建物は
およそ200か所に達して、
その中の最もマイナスの高い名声のは建てて
“wa皇宮”と“伏羲皇帝のまっすぐな廟”の
人の御霊屋があるのです。

1984年に、wa皇宮が人に遭って破壊する時、
考古の従事する人は女性wa塑像の下で遺骨を発見して、黄色のあや絹で包んで、ぼうっとする手紙で入れます。“ぼうっとする手紙”の墨の本は書きます:
“明朝の正徳の15年(1520年)、
日は金山寺を焼いて、皇帝の遺骨はここで流れて、
16年の棟上げの立木。
……皇帝の遺骨は先に人の流れはおります”。
明朝人の墨の本の記録はこの人の骨を
“皇帝の遺骨”に称します。

2011年8月13日から10月9日まで、
考古の従事する人は人の御霊屋に対して
“緊急救助性”を行って整理して、
戦国、漢唐、宋元、明清、民国の時代の
遺物の291件の(カバー)を発見して、
そしてwa皇宮が土を積む中で今
2100-900年の曾作の供物の動物の骨に
離れることと人の頭蓋骨、
ぼうっとする手紙の不完全な板を探し当てます。
これは中国が現在最初女性waの考古の
遺跡に祭りを営むことを発見するのです。

専門家は、長い母系社会の中で、
女性waはまず原始氏族の名前と号で、
同時に氏族の首領の名前になって、
ただ1人の女性waのことはでき(ありえ)なくて、
1世代のまた1世代の女性wa発生があります
と思っています。
ぼうっとする手紙の前書きの中で
“皇帝”の言うこと、多分ある世代あるいは
最後の1世代の女性waで、後代の人が
母系社会の首領の女性wa崇高な地位の
追うことに対して語っているのです。
そのため、この遺骨はきっと明人の思う
“wa皇”の遺骨です。

“皇帝の遺骨”とその他の考古は発見して、
中華文明の根源を探る工事のために
上古文字の記録がない歴史の断層を埋めて、
明山西吉県人の祖の山を言うのは
中華文明の中の一つで主に始まって、
吉県人の祖の山の地区が中華の結婚出産は文明、
農耕の文明、八卦と古代暦法の始まってのが
実物の証拠を提供するためと言ったのです。




       ーーーーーーーーーーーー




山西吉縣發現疑似女媧遺骨 (11:05)

山西吉縣人祖山媧皇宮女媧塑像下發現人骨,經北京大學碳14同位素測定,可能是傳說中史前女媧遺骨。
根據北京大學C14同位素測年,成人頭骨為6200年前的測定結論,以及明代當地人的墨書題記,日前在山西吉縣人祖山媧皇宮女媧塑像下發現的「皇帝遺骨」,可能屬於傳說中史前「三皇時代」的「媧皇」遺骨。
這是近日國家文物局原副局長張柏、故宮博物院副院長李文儒等23位考古、歷史、神話、民俗專家考察人祖山後形成的共識。
人祖山位於黃河中游,據不完全統計,山中歷代廟宇約達200處,其中最負盛名的是建有「媧皇宮」和「伏羲皇帝正廟」的人祖廟。
早在1984年,媧皇宮遭人破壞時,考古工作者就在女媧塑像下發現遺骨,包以黃綾,盛於木函。「木函」墨書寫道:「大明正德十五年(1520年),天火燒了金山寺,皇帝遺骨流在此,十六年上樑立木。……皇帝遺骨先人流下」。明代人的墨書記載把該人骨稱為「皇帝遺骨」。
從2011年8月13日至10月9日,考古工作者對人祖廟進行了「搶救性」整理,發現戰國、漢唐、宋元、明清、民國時代遺物291件(套),並在媧皇宮積土中找到人頭骨、木函殘片和距今2100-900年曾作祭品的動物骨頭。這是中國目前發現最早祭祀女媧的考古遺蹟。
專家認為,在漫長的母系社會中,女媧首先是原始氏族的名號,同時也成為氏族首領的名字,不會只是一個女媧,會有一代又一代的女媧產生。木函題記中 「皇帝」之說,可能是某代或最後一代女媧,是後人對母系社會首領女媧崇高地位的追稱。因此,這個遺骨無疑是明朝人認為的「媧皇」遺骨。
「皇帝遺骨」及其他考古發現,為中華文明探源工程填補了上古無文字記載的歷史斷層,說明山西吉縣人祖山是中華文明的主要起源地之一,為吉縣人祖山區域是中華婚育文明、農耕文明、八卦和古代曆法起源地之說提供了實物佐證。



b0003330_1424138.jpg





b0003330_14241561.jpg



山西吉県は女性wa遺骨のようなことを発見します (11:05)

山西吉県人の祖の山wa皇の女官wa塑像の下で人の骨を発見して、
北京大学の炭素の14同位元素を通じて(通って)測定して、
多分言い伝えられている中に多分先史の女性wa遺骨です。
北京大学C14同位元素によって年を測って、
成人の頭蓋骨は6200年前が結論を測定するため、
および明朝の地元の人の墨の本の前書き、
先日山西吉県人の祖の山wa皇の女官wa塑像の下で発見「皇帝の遺骨」、
恐らく伝説の中で先史「伝説上の3人の皇帝の時代」の
「wa皇」遺骨に属します。
これは祖の山の後で近日の国家の文化財局の元副局長の
張のコノテガシワ、故宮博物館の副院長の李と文の儒学などの
23位の考古、歴史、神話、民俗の専門家の考察人形成する共通認識です。
人の祖の山は黄河中流に位置して、概算統計によると、
山中は歴代廟の建物はおよそ200か所に達して、
その中の最もマイナスの高い名声のは建てて「wa皇宮」と
「伏羲皇帝のまっすぐな廟」の人の御霊屋があるのです。
1984年に、wa皇宮が人に遭って破壊する時、
考古の従事する人は女性wa塑像の下で遺骨を発見して、
黄色のあや絹で包んで、ぼうっとする手紙で入れます。
「ぼうっとする手紙」墨の本は書きます:
「明朝の正徳の15年(1520年)、日は金山寺を焼いて、
皇帝の遺骨はここで流れて、16年の棟上げの立木。
……皇帝の遺骨は先に人の流れはおります」。
明朝人の墨の本の記録はこの人の骨を「皇帝の遺骨」に称します。
2011年8月13日から10月9日まで、
考古の従事する人は人の御霊屋に対して「緊急救助性」を
行って整理して、戦国、漢唐、宋元、明清、
民国の時代の遺物の291件の(カバー)を発見して、
そしてwa皇宮が土を積む中で今2100-900年の曾作の
供物の動物の骨に離れることと人の頭蓋骨、
ぼうっとする手紙の不完全な板を探し当てます。
これは中国が現在最初女性waの考古の遺跡に祭りを
営むことを発見するのです。
専門家は、長い母系社会の中で、
女性waはまず原始氏族の名前と号で、
同時に氏族の首領の名前になって、
ただ1人の女性waのことはでき(ありえ)なくて、
1世代のまた1世代の女性wa発生がありますと思っています。
ぼうっとする手紙の前書きの中 「皇帝」の言うこと、
多分ある世代あるいは最後の1世代の女性waで、
後代の人が母系社会の首領の女性wa崇高な地位の
追うことに対して語っているのです。そのため、
この遺骨はきっと明人の思う「wa皇」遺骨です。
「皇帝の遺骨」とその他の考古は発見して、
中華文明の根源を探る工事のために上古文字の記録が
ない歴史の断層を埋めて、明山西吉県人の祖の山を言うのは
中華文明の中の一つで主に始まって、
吉県人の祖の山の地区が中華の結婚出産は文明、
農耕の文明、八卦と古代暦法の始まってのが
実物の証拠を提供するためと言ったのです。












こちらはインドのマハーバリプラムにある
ガンガー降下のナーガ神の石彫りです。

b0003330_13503630.jpg








インド博物館(コルカタ)のもの
オスはナーガ、メスはナーギィと呼ばれているそうです。


b0003330_1412018.jpg





おまけ
b0003330_1341373.jpg

[PR]
by Tukasa-gumi | 2012-06-10 14:26 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 『JA本部、小麦の産地表示しな... 『剣道』 / そのすばらしき精神世界 >>