ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49
怪しいなぁ~。 クワバ..
by levin-ae-111 at 21:38
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 13:17
コメントした時点で、被害..
by levin-ae-111 at 05:43
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 18:24
お早うございます。 カ..
by levin-ae-111 at 08:32
>ぴよぴ さん お初..
by Tukasa-gumi at 23:51
合歓木の花のように見えま..
by ぴよぴ at 03:59
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:26
将来は偉大なアスリートに..
by levin-ae-111 at 09:22








無料アクセス解析











                            
<< 2012 ソウル滞在記  08... < > 2012 ソウル滞在記  0... >>
                            
『SPEEDI情報 米軍に提供』/ NHK NEWS WEB
のっ引きならないニュースが入って来ましたので
ソウル関係はいったんお休み。


SPEEDIによる試算結果が昨年の3月14日に
米軍や米政府には試算内容が伝わっていた・・・

というお話しです。








     ーーーーーーーーーーーーーーーー

SPEEDI情報 米軍に提供
1月17日 0時7分


b0003330_035581.jpg


東京電力福島第一原子力発電所の事故原因を究明する国会の
「事故調査委員会」は、初めての本格的な質疑を行い、
参考人として招致された文部省の担当者が、
放射性物質の拡散を予測する「SPEEDI」と呼ばれる
システムによる予測データを、事故の直後に、
アメリカ軍に提供していたことを明らかにしました。

国会の事故調査委員会は、16日、
政府の事故調査・検証委員会の畑村委員長や東京電力の
事故調査委員会の委員長を務める山崎副社長らを参考人として招致し、
公開で初めての本格的な質疑を行いました。

この中で、文部科学省科学技術・学術政策局の渡辺次長は、
放射性物質の拡散を予測する「SPEEDI」と呼ばれるシステムで、
事故の直後に行った予測のデータについて、
外務省を通じて直ちにアメリカ軍に提供していたことを明らかにしました。

SPEEDIのデータは、文部科学省が
「実態を正確に反映していない予測データの公表は、
無用の混乱を招きかねない」として、一部を除き、
事故の発生から2か月近く公表しませんでしたが、
アメリカ軍に提供した理由について、渡辺次長は
「緊急事態に対応してもらう機関に、
情報提供する一環として連絡した」と説明しました。

また、質疑では、事故調査委員会の石橋委員が
「平成19年の新潟県中越沖地震の経験がありながら、
東京電力は、地震と津波に対して、
対応が甘かったのではないか」と指摘したのに対し、
東京電力の山崎副社長は「事業者として、
忠実に対策を取ってきたと思っているが、
考えているような前提をすべて覆すようなことが起きた。
もう少し考えなければならないということがあるならば、
考えていきたい」と述べました。

質疑を終えて記者会見した事故調査委員会の黒川委員長は、
原発事故の対応にあたった菅前総理大臣や
枝野経済産業大臣の参考人招致について、
「検討事項に入っている」と述べました。事故調査委員会は、
30日に次回の質疑を行うことにしています。

      ーーーーーーーーーーーーーーーーー




やっぱりネーっ という感じです・・・・

悲しすぎ。




今年の元旦の地震の影響ももう少ししたら
バレバレになるのかしらん ????!!!!????














拡散予測、米軍に提供 事故直後に文科省

東京電力福島第1原発事故直後の昨年3月14日、
放射性物質の拡散状況を予測する
緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)
による試算結果を、文部科学省が外務省を通じて
米軍に提供していたことが16日、分かった。

 SPEEDIを運用する原子力安全委員会が
拡散の試算結果を公表したのは3月23日。
公表の遅れによって住民避難に生かせず、
無用な被ばくを招いたと批判されているが、
事故後の早い段階で米軍や米政府には試算内容が伝わっていた。

2012/01/16 22:21 【共同通信】





原発事故、国会調査委が菅前首相招致へ意欲 枝野氏も

 東京電力福島第一原発事故を検証する
国会事故調査委員会の黒川清委員長は16日、
事故発生時に政権中枢にいた政治家からも
公開で事情を聴く考えを示した。

政府の事故調が原因究明を優先しているのに対し、
責任追及の姿勢を打ち出す。
東京都内で開いた同委の2回目の会合後の記者会見で語った。



 当時の菅直人首相や枝野幸男官房長官、
海江田万里経済産業相らが対象。

こうしたメンバーの委員会招致を黒川氏は
「検討事項に入っている」と述べた。
招致時期は「一番大事なのは何を質問するかだ。
相手はベテランだ」と指摘。

準備に時間をかける必要があるという認識も示した。
政治家が参考人として出席に応じない場合、
国会事故調は証人として出席を強制する議決を
衆参両院の合同協議会に求めることができる。

 一方、政府事故調はこれまで東京電力や政府関係者、
科学者ら456人に原則非公開で聞き取りを実施。
黒川氏は「どういう人に聞いたか、リストを請求できるのか、
お互い接触している」として、連携を強めていく考えだ。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2012-01-18 00:06 | 図書 | Comments(2)
Top↑
Commented by あんず at 2012-01-18 01:47 x
寝る前にこういう記事ですか~。
あ~あ・・・・・ま、これから出てくる事も多い?
かな。早くしないと「記憶にございません」とか
抜かす奴が出てくるからね。
動画、見てないのですが、明日、明後日と母が来る
もので週末にでもゆっくり見せていただきますでふ。

ソウル旅行も楽しみにしてま~す♪
Commented by Tukasa-gumi at 2012-01-18 20:58
NHK>あんず さん
「記憶にございません」 

コレ 言いそうですねっ!

しかし 何で日本ってこうなのでしょうかねェ ????






全くもって。





アクセス解析
<< 2012 ソウル滞在記  08... 2012 ソウル滞在記  0... >>