ASPアクセス解析
AX                
                            
<< 鈴木 智彦さん 外国人記者クラ... < > 鳩山元首相:「福島第1原発を国... >>
                            
犬は「イヌ語」で考えているのかしらん?/ 思考とは?
ここ数日私が考えてることは
動物はどうやって考えているのか?

ということです。




もう少し詳しくいいますと、
例えばイヌはイヌ語で思考しているのかしらん?

ということです。



ほら、人間って日本人は日本語でイギリス人は英語で
考えているじゃぁないですか。




つまり 言葉で考えているってーことですョ。

それも日常生活で使っている言葉でです。



動物は本能だけ行動し 考え はしないとの意見も
あるかと思いますが「シートン動物記」などを読みますと
「思い」だけでなくチャンと「考え」もあると思えます。


たとえばオオカミ王ロボが
「この餌は罠に違いない・怪しい」
結果そのエサは食べない・・・と思うのは
考えあってだと思うのですョ。




でねっ、
その時にロボの頭の中でオオカミ語(ロボ語)で
考えているのかいないのか?
これをずーっと考えているのですよ。




それともロボが考えていると思っているのは
やっぱり人間の思い過ごしなのでしょうか?


言葉やボディランゲージは他者に
自分の気持ちや考えを伝える手段ですから
本能と喜怒哀楽だけのイヌには
思考自体がなく一瞬一瞬、善し悪しを
判断しているだけなのかもしれません。


それはそれで構わないのですが、
その「喜怒哀楽」時には脳内に「イヌ語」は存在せず、
忠犬ハチ公や亡き飼い主の声に聞きいる?ニッパーは
どのように本能と行動を繋いでいるのでしょうか?



b0003330_11483126.jpg





人間の思考回路で言いますと

「今日はご主人、駅にいるかなぁ?」とか

「ぁっ、主人の声だ懐かし~、どこにいるの?」

ってな感じで行動しているように思えるのですョ。


これらの動作にやっぱり「イヌ語」はあるるんじゃない?
と希望的観測が「大」なのです。



ローレンツさんの本に沢山そんな例が記されております。






犬はイヌ語で考えて、
それを人間に音(言葉)で伝えようとする時に
(心と思考が溢れ出し)ワンワンと吠える。



否、
テレパシーで思考して表現もしているのだけれど
人間がテレパシー能力が無いばかりに
吠えたりしている・・・・


実は言語表現での思考というのは
とっても退化したモノなのかも知れませんねェ。




!?!


双子の赤ちゃんが冷蔵庫の前で
「ダー ダー ダー」と言い合って
会話している動画ありましたよネっ、

きっとコレに近いような気がします・・・。

(そういえば
 犬の知能はほぼ2歳児と同じくらいの知性を持っている
 というお話しですから・・・)






????



ってーことは
赤ちゃんは赤ちゃん言葉が有る ってーことになりますねェ、

なんだかドンドン話しがややこしくなってまいりました。


お後が宜しいようで・・・。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2011-12-16 21:59 | へえ〜〜っ ? | Comments(7)
Top↑
Commented by らむ at 2011-12-17 11:07 x
私もラムちゃんみて、同じこと考えたことあります。で、私が思ったのは、言葉はなく映像だけの世界なのかな?と。吠えはただ波動伝達の動作で、喋ろうとしてるときは人間の次元に調和させようと真似をしてみてるのかなと。
Commented by Tukasa-gumi at 2011-12-17 11:59
>らむ さん
この「イヌ語」の前は

ことばというフィルター(表現)がない物等は
自分のことをどう思ったらい感じたりしているのか
というで

その代表として
「植物の心(考え)と会話伝達」について考えていたのですが
対象が大きすぎて考えが纏まらなかったので動物に置き換えて
考えたしだいです。

テレパシーって“言葉”だったり“!”で伝わったりしますよね、

“!”だけの世界しか基本的にないのでしょうか?
彼等には・・・。

Commented by levin-ae-111 at 2011-12-18 09:59 x
えっと、犬ではないけど猫でもOKですよね(^^)
家の猫たちは、確実に意志をもって訴えて来ますね。鳴き方も違うし、
何をして欲しいというのを行動で示したりるのです。
自分の意思がこちらに伝わったと思えば、ニャーではなくニャッと短く
鳴く。「やった!」って感じの鳴き方なんです。

記憶力も凄くて、自分が快適な事なら1回で覚えるんです。
そして次に同じ状況で、それをしないと要求する。
絶対に彼らなりの思考があり、人間の言葉の意味も幾つかは理解していると思うのです。
そして猫語で意志を伝えようとしていますから、タブン猫語で考えている
のでしょう。人間語を話すバイリンガルな猫も出現していますから、彼らの能力は侮れませんね(^^)
Commented by Tukasa-gumi at 2011-12-18 18:21
ネコ語>levin-ae-111さん
やっぱりネコ語 有りですかっ。


!?!?

・・・ということは人間もきっとネコのような存在なのかも
しれませんねェ、他の存在にとっては。


小さい頃、我が家でネコをかっておりまして
そのネコが私に報告したり、コレって何なの?

って聞いたりしておりました。

(仕草でわかります)



当時は私も子供だったのであまり気にとめなかったのが
現在は悔やまれます。


なかなかネコから友達になってくれるパターン
少ないですからねっ。



猫が人を選んだり、家を選んだりするところが
猫好きにはグッとくるのかもしれませんねっ!?



(私はどちらかといったら イヌ派 です)







Commented by asitaka23 at 2011-12-18 23:19 x
思いついたのでメモ代わり^^
思考を言語でといったところに、こう思いました。頭の中でしゃべってますね!確かに日本語で!では言葉がなかったら、考えではなくて、感じるのかな!と思いました。
植物、犬猫!みんな感じてるんでしょうね^^それを伝えてるだけなのかなあ^^感情があれば伝えることが出来る!!!
結論。動物は考えるのではなくて、感じて伝えるのだと思います。
元々は人間にもあって、もしかするとテレパシーかもね^^
Commented by Tukasa-gumi at 2011-12-19 08:39
> asitaka23 さん
・・ということで、やはり言語は退化した人間が
発明したでんたつ手段ということになるのかもしれませんねっ。

インカやアボリジニみたいな文字を持たない文化の
人々はテレパシーで会話していたので文字の必要性がなく
そのかわり絵で記録を残した・・・

「絵」を感じることでその状況がわかる感覚を
もっていたのでは?




「パンドラの箱」や「音楽での表現」も
キーワードの一つかもしれませんね。


コメントありがとうございました。





Commented by asitaka23 at 2011-12-19 20:37 x
ありがとうございました^^
アクセス解析
<< 鈴木 智彦さん 外国人記者クラ... 鳩山元首相:「福島第1原発を国... >>