ASPアクセス解析
AX                
                            
<< 『仙台の会社 福島産の米、宮城... < > 『心が折れる』ってどうゆう意味... >>
                            
『マグニチュード9の地震発確率が高くなってきました』/  魚拓
ここ数日、
エントリーしようか迷っていたのですが
多くの?ブログがこの情報をエントリーしているので
あたくしもコピペさせていただきます。

(お風呂に入っていたらまたまた地震がありましたもので・・)




ここ数日、地震多すぎませんこと? / 気象庁 地震の集計図







まずはコレ ↓

        ーーーーーーーーーーーーーーーー

北海道大学大学院理学研究院付属
地震火山研究観測センター
お知らせ

最近のインターネット上のニュース・週刊誌等の報道に関して

10月下旬に当センターの研究支援推進員が
自身のホームページにおいて、
M9クラスの地震が12月または1月にかけて
東北地方で再び発生する可能性があるとの見解を公表いたしました。

その記事を発端として、
現在インターネット上のニュース等で
「第二次東日本大震災が発生する」というような記事が発信され、
当センターにも本件について、
様々なお問い合わせをいただいております。

そこで、本件に関する当センターの見解につきまして、
ホームページ上でお伝えすることにいたしました。

当センターでは「地震に関連する電磁気現象の観測研究」として、
地震の発生直前から電磁気異常を発生させるメカニズムと
その関連性を解明する基礎的研究を実施しています。

将来の地震の直前予測につながる基礎的データを蓄積し
研究を進めている段階であり、
現在のデータから巨大地震の発生時期や
その大きさを科学的に予測できる段階にはありません。

個人的見解とはいえ、
現時点で科学的な根拠の薄い地震予測情報が公表され、
特に東日本大震災の被災者のみなさまには、
いたずらに不安を煽ってしまうような
状況を生み出したことにつきまして、
お詫び申し上げます。

今後も当センターはこれらの観測研究を継続し、
基礎的研究成果を随時発表していきたいと考えています。
今後とも皆様のご支援とご協力をよろしくお願いいたします。

地震火山研究観測センター長
更新日:2011年11月18日


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー









この削除された ↑ 元記事はコレ ↓

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【地震】
北海道大学 地震火山研究観測センター森谷武男氏、
2011年12月から2012年01月にかけて
再びM9クラスの地震が発生する可能性があると警告

再びマグニチュード9の地震が発生する確率が高くなってきました  
魚拓

VHF電磁波の地震エコー観測からふたたび
M9地震が発生する可能性が高まっていることをお知らせします.

2011年3月11日の 東北地方太平洋沖地震の前に
8か月ほどさかのぼる2010年6月27日からえりも観測点において
89.9MHzのチャンネルに地震エコーが観測 され始めました.


b0003330_121854.jpg



この周波数は北海道東部中標津局の周波数ですが
他の複数の観測点における監視から
中標津局からの地震 エコーではないことが確認されました.

同じ周波数の局は葛巻,種市,輪島,神戸などにありますが
地震エコーの振幅が小さく (-100~-110dBから3-4dB上昇する)
音声信号にならないのでどの局からかは不明ですが,
おそらく東北地方の葛巻と種市の 可能性が強いと考えられます.

この地震エコーは8ヶ月続き,
2011年1月には弱くなりついに3月07日のM7.3の
前震が発生後M9.0が発生しました.

M7.3が前震 であることは,
これに続く余震群のb値が0.5程度で極端に小さいことで判りました.

しかし確認作業中にM9は発生しました.
地震エコーの総継続時間は20万分を越えてM8以上の可能性がありました.

図は2010年01月01日からの地震エコーの日別継続時間です.
横軸は2010年01月01日からの月日,
縦軸は1日毎の地震エコーの継続時間(分)です.

M9.0の発生後,地震エコーの活動は弱かったのですが,
いわきの地震M7.0が発生したころから再び活性化し始めま した.
そして現在まで昨年後半に観測された状況と良く似た経過をたどっています.

地震エコーの総継続時間は16万分に到 達しました.
もしもこのまま3月11日の地震の前と同じ経過をたどるとすれば,
再びM9クラスの地震が発生すると推定されます.

震央は宮城県南部沖から茨城県沖の
日本海溝南部付近であろうと考えられます.

震源メカニズムが正断層である場合には
海底地殻上下変動が大きいので津波の振幅が大きく
巨大津波になる可能性も考えられます.

発生時期は12月から2012年01月にかけて と考えられますが,
地震エコーの衰弱からだけではピンポイントでの
予想は難しいと思われます.

前震の発生や地震をトリガー する自然現象,
つまり磁気嵐や地球潮汐の観測などを監視していくことも重要です.

 これからもVHF地震エコーの観測を欠測しないように継続していき,
できるだけ頻繁に更新していくつもりです.

2011,Oct.20
北海道大学理学研究院 附属地震火山研究観測センター
森谷武男のページ

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by Tukasa-gumi | 2011-11-29 01:03 | 食べ物さん | Comments(2)
Top↑
Commented by らむ at 2011-11-29 20:18 x
今朝、巨大地震がおこる夢を見ました。日曜日は地震雲が一杯出てたと母が言ってました。警戒したいと思います。
Commented by Tukasa-gumi at 2011-11-29 21:31
>らむ さん
予知夢としてもう少し詳しく知りたいものです、
夢の内容を。
アクセス解析
<< 『仙台の会社 福島産の米、宮城... 『心が折れる』ってどうゆう意味... >>