ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 21:21
>鍵コメさん スンゴク..
by Tukasa-gumi at 21:15
しかしながら、やはりデビ..
by levin-ae-111 at 20:53
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:33
こんにちは(^^♪ ま..
by levin-ae-111 at 09:29
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 00:32
私も時々は、夢であったり..
by levin-ae-111 at 19:38
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 20:52
これまた・・・・|д゚)..
by levin-ae-111 at 20:10
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49








無料アクセス解析











                            
<< 11月17日ブータン王国ジグミ... < > 街は緊張感に包まれておりました... >>
                            
『野生動物が毎日食べても…1年半でセシウム半減』/ 読売新聞
メモ です。



ちなみに
放射性同位体であるセシウム137は
約30年の半減期 とされています。


この記事では
>マウスに半減期が約30年のセシウム137を含んだ水
 を一回だけ飲ませた後、
 時間経過とともに体内に残る量を調べた。

とあります。


この実験から導きだせる「可能性」が
イマイチ理解できません、
どなたかご教授くださいませ。







       ーーーーーーーーーーーー


野生動物が毎日食べても…1年半でセシウム半減


 東京電力福島第一原発事故直後に野生動物に
大量に取り込まれた放射性セシウム137の量は、
動物が原発周辺の食物を摂取していても約1年半ごとに半減し、
最初の5年間で8分の1以下になる可能性が
高いことを大阪大学の中島裕夫助教が突き止めた。


 原発周辺地域の野生動物や住民の内部被曝
の状況などを知る手がかりになるもので、
17日、神戸市で開かれている
日本放射線影響学会で発表した。

 中島助教は、
マウスに半減期が約30年のセシウム137を含んだ水
(体重1グラム当たり1キロ・ベクレル
 =1匹当たり28キロ・ベクレル)を
一回だけ飲ませた後、
時間経過とともに体内に残る量を調べた。

 心臓や腎臓など大半の臓器では、
摂取後すぐにピークを迎えたが、
1週間後には25分の1以下、
2週間後には120分の1以下になった。

(2011年11月18日11時07分 読売新聞)


       ーーーーーーーーーーーー
[PR]
by Tukasa-gumi | 2011-11-18 11:50 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 11月17日ブータン王国ジグミ... 街は緊張感に包まれておりました... >>