ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 21:21
>鍵コメさん スンゴク..
by Tukasa-gumi at 21:15
しかしながら、やはりデビ..
by levin-ae-111 at 20:53
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:33
こんにちは(^^♪ ま..
by levin-ae-111 at 09:29
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 00:32
私も時々は、夢であったり..
by levin-ae-111 at 19:38
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 20:52
これまた・・・・|д゚)..
by levin-ae-111 at 20:10
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49








無料アクセス解析











                            
<< ピカチュウにミッフィ / みん... < > スーパーリッチが課税を進んで望... >>
                            
裕福層が課税を進んで望む!?/ 当然 理由があります・・
最近はとっても不思議なことに(?)
欧米のスーパーリッチ達が
「課税は私達に、
 中産階級への増税はいけない」

と言い出しているらしいのですが・・・

(記事を書き直しました)




b0003330_1154879.jpg



(元?)投資家のバフェットさん
Stop Coddling the Super-Rich – NYTimes.com


フェラーリの社長さん
Montezemolo : I am rich it is right that you pay more | Ferrari Ferrari







さすがです、
我が身を守るすべを知ってます。

(情報入手がはやい とも言います)





今の内から
「私は庶民の味方だったのよーっ」

とエクスキューズを始めたらしいです。


米国:貧困層が過去最多の4618万人 失業率も高止まり




「来(きた)る つるし上げ」を逃れようという
考えなのかもしれません・・・・????!????







富裕税導入の動きがある
イタリアとポルトガルだけじゃなくフランスでも
50万ユーロ以上の所得者にたいして
「特別貢献税」3%を課税すると言い出しております。



『欧州各国、増税相次ぐ 財政再建努力示す狙いも』/日本経済新聞

リンクを張ろうと思いましたら記事が削除されておりましたので
下記の「記事を読む」に貼ります。


(今の貨幣システムが崩壊して一番困るのは金持ち
 ということなのでしょうね、
 ならば少しの課税くらいガマンしましょう、
 どうせ元はすぐ取り返しできますから・・・??!??)






b0003330_1554639.jpg




















欧州各国、増税相次ぐ 財政再建努力示す狙いも

[日本経済新聞 2011/9/8 3:44]

 【パリ=古谷茂久】
信用不安で財政再建を迫られている欧州諸国で
増税の動きが相次いでいる。
イタリア政府は6日、付加価値税
(VAT、日本の消費税に相当)の引き上げを発表。
フランスやポルトガルは富裕層に対する特別課税を打ち出した。
9日に仏マルセイユで始まる主要7カ国(G7)財務相・
中央銀行総裁会議では先進国の財政問題が主要議題となる見通しで、
市場に対し財政再建努力をアピールする狙いもある。

 イタリア政府は6日、VATを現行の20%から21%に
引き上げる方針を明らかにした。この増税で40億ユーロ
(約4300億円)以上の税収増を見込んでいる。
欧州連合(EU)などから金融支援を受けているギリシャや
ポルトガルも昨年、相次いでVAT税率を上げており、
軒並み20%を超える。英国も今年1月、
VATを20%まで引き上げた。

 こうした増税の動きにイタリアの大手労働組合は
6日にストライキを実施。ギリシャでもストがおきるなど
国民は不満を表している。今のところ政権を追い込むほどではなく、
政府は増税を断行し、理解を求める構えだ。
 欧州各国ではVATの税率がもともと高いが、日本と異なり、
食品など一部日用品や一般的なレストランでの税率は
低く抑えられている。
たとえばVATが19.6%のフランスでも食品などの税率は5.5%だ。

 富裕層への新たな課税も潮流になっている。
イタリア政府は50万ユーロ(約5400万円)を上回る所得に
3%の特別税を課す方針を示した。仏フィヨン首相は8月24日、
50万ユーロ以上の所得に対し来年から3%の「特別貢献税」
を課税すると表明。税収は年間2億ユーロを見込んでいる。
仏政府は高級ホテルの宿泊税の引き上げも検討している。
 ポルトガルのガスパル財務相は8月31日、
15万3千ユーロを超える所得について2.5%にあたる
新税を導入すると発表した。また株式譲渡益課税を現行の
20%から引き上げ21%にするとも表明している。

 富裕層への課税の動きは米投資家のバフェット氏が8月中旬に
高額所得者への増税を訴えたことで火が付いた。
これに呼応するように、仏ロレアルの創業者一族で大富豪の
ベタンクール氏や仏エネルギー企業トタルのドマージュリー
最高経営責任者(CEO)ら仏の富豪ら16人は連名で仏誌に寄稿し、
政府に対し富裕層への増税を要請した。
イタリアではフェラーリのモンテゼーモロ会長が伊紙に対し、
高額所得者は政府の債務問題解決に貢献すべきだ、などと語った。
各国政府の動きはこうした議論の風向きも背景にある。

 だが現実には富裕層課税の歳入増への効果は限定的で、
財政再建の象徴としての意味合いが強いとみられている。
仏では来年の大統領選を控え、与党国民運動連合(UMP)と
同党を支持する富裕層による人気取り政策との見方もある。

 金融市場の標的となり財政再建策の相次ぐ導入を迫られている
南欧諸国では、公務員人件費削減など一連の歳出削減策は
十分な効果を上げておらず、増税に切り込まざるを得なくなっている。
だが増税は景気を下押しする懸念があるほか、
増税対象が広がれば国民の反発を招き、
政府が支持を失うというリスクも残る。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2011-09-21 11:54 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< ピカチュウにミッフィ / みん... スーパーリッチが課税を進んで望... >>