ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:33
こんにちは(^^♪ ま..
by levin-ae-111 at 09:29
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 00:32
私も時々は、夢であったり..
by levin-ae-111 at 19:38
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 20:52
これまた・・・・|д゚)..
by levin-ae-111 at 20:10
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49
怪しいなぁ~。 クワバ..
by levin-ae-111 at 21:38
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 13:17
コメントした時点で、被害..
by levin-ae-111 at 05:43








無料アクセス解析











                            
<< 『二ビル スペシャルリポート』... < > 『首都圏もチェルノブイリ並みに... >>
                            
『米の最速機試験飛行、失敗か 途中で連絡が途絶える』
私的メモ です。




         ーーーーーーーーーーーーーーー

米の最速機試験飛行、失敗か 途中で連絡が途絶える
【ワシントン共同】
2011年8月12日 10時46分




b0003330_0165760.jpg
米国防高等研究計画局(DARPA)が開発した無人実験機「ファルコン(HTV―2)」の想像図(DARPA提供・共同)



 【ワシントン共同】
米国防総省の国防高等研究計画局は11日、
音速の20倍で飛ぶことができる世界最速の無人実験機
「ファルコン(HTV―2)」の飛行実験を実施。
しかし、途中で連絡が途絶え、米メディアは失敗と伝えている。
実験は、地球のどこでも1時間以内に攻撃できる
通常兵器の開発を目指す計画の一環。
同機はニューヨーク―ロサンゼルス間をわずか
12分以内で移動できるマッハ20の速さが出る設計となっている。

         ーーーーーーーーーーーーーーー









追記 です。


▶世界最速マッハ20の極超音速機、2回目の実験も失敗

[ワシントン 11日 ロイター] 

米国防総省は11日、音速の20倍の速さ(マッハ20)で飛ぶ
世界最速の無人実験機「ファルコンHTV―2」の飛行実験を実施したが、
飛行中に同機からの通信が途絶えたと発表した。

     
                    Falcon HTV-2(上図)

実験では、矢じりのような形をしたファルコンHTV―2を
ロケットで宇宙との境界近くまで運んだ後、
極超音速で滑空させ、太平洋上に落とす計画だった。

同省高等研究計画局(DARPA)によると、
カリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地からの打ち上げと、
ロケットからの切り離しには成功。
しかし、打ち上げから約26分後、
地上との通信が途絶えたという。

ファルコンHTV―2は、通常兵器で世界中どこでも
1時間以内に攻撃できるようにする「全世界即時攻撃」計画の一環。
4月に行った1回目の試験飛行でも、
飛行中に通信が途切れて失敗していた。






超音速飛行機「Falcon HTV-2」、テスト飛行-マッハ20で移動
2011年8月12日 11時11分 更新

史上最速の飛行機「Falcon HTV-2」が11日、テスト飛行を行った。
マッハ20(音速の20倍)の速さで移動できるHTV-2は、
ロケットで宇宙空間近くに打ち上げられ、その後地球に向かって飛行。
同日午後、太平洋に落ち、機体は大破して実験は終わった。

米国防総省の国防高等研究事業局が開発した「Falcon HTV-2」は、
飛行開始から約9分後、シグナルの発信を終え、海面に落ちたという。

 これは2度目、かつ最後のテスト飛行だった。
1回目のテストは2010年4月に行われ、
そのときも約9分後に機体は海面上に落ちた。

 「Falcon HTV-2」のプロジェクトマネジャー、
クリス・シュルツ少佐は発表声明で
「我々は飛行機を宇宙空間の近くまで送る方法を知り、
飛行機を大気圏内で超音速飛行させる方法を知った」
と述べた。

 ただ
「空気力学を利用した飛行中、
コントロールをする方法はまだ得られていない。
これにはてこずっているが、解決策があると確信している」
とした。

HTV-2の速さはマッハ20(時速約2万km)。
地球上のどの場所にも1時間以内で到着できる。
たとえば、ニューヨークとロサンゼルス間は、
飛行機では5時間以上かかるが、HTV-2ではわずか12分間で移動可能だ。

 同飛行機はまた、ミサイルなどを搭載し、
どんなターゲットもごく短時間で攻撃可能であることも実証した。

 Falcon HTV-2の開発プロジェクトは2003年に始まり、
ブルームバーグによると総額3億2000万ドル(約250億円)規模の
コストがかかっているという。








b0003330_9375671.jpg

[PR]
by Tukasa-gumi | 2011-08-13 00:23 | 図書 | Comments(2)
Top↑
Commented by levin-ae-111 at 2011-08-13 06:36
何だかSFの世界になって来ましたね(^^;
ホントかねぇ。
Commented by Tukasa-gumi at 2011-08-13 09:35
SF> levin-ae-111さん
記事を大幅に追加いたしました。
アメリカでもニュースになっているらしいです。

こんな計画があるからオバマさん
「核廃絶」のスピーチができるのでしょうねっ ?!?
h ttp://www.asahi.com/special/plus/TKY200904050209.html
アクセス解析
<< 『二ビル スペシャルリポート』... 『首都圏もチェルノブイリ並みに... >>