ASPアクセス解析
AX                
                            
<< |汚染水処理施設に淡水化装置新... < > 駿河湾地震 気象庁発表では・... >>
                            
『毎時10シーベルト超の高線量 福島第1原発内』/  京都大学原子炉実験所助教 小出裕章氏 解説




『『チェルノブイリの真相~ある科学者の告白~』/ BBC番組』

この番組にも「針が振り切れた」というシーンがありました・・です。






         ーーーーーーーーーーー

『毎時10シーベルト超の高線量 福島第1原発内で最高値』
2011年8月1日 21時00分

東京電力は1日、
福島第1原発1号機と2号機の間の屋外で、
毎時10シーベルト(1万ミリシーベルト)以上の
高線量を測定したと発表した。
これまで敷地内で測定した中で最高値で、
東電は周辺に作業員が近づかないよう目印を付け、
原因の調査に当たる。計測器の限界を超えており、
正確な線量は不明。
10シーベルトを被ばくするとほぼ全員が死亡する。
この日は作業員3人が線量を測定したが、
被ばく線量は最高で4ミリシーベルトだった。

         ーーーーーーーーーーー





[PR]
by Tukasa-gumi | 2011-08-02 01:10 | 宣伝 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< |汚染水処理施設に淡水化装置新... 駿河湾地震 気象庁発表では・... >>