ASPアクセス解析
AX                
                            
<< ミューチップ法案 可決!?! ... < > 成田空港 自動化ゲートの運用 ... >>
                            
『都の汚泥焼却灰・千葉水道局の汚泥からからセシウム検出』/ 産経新聞
以下 いつものように抜粋です。



    ーーーーーーーーーーーーーー

都の汚泥焼却灰からセシウム検出
2011.5.19 20:17


 東京都は19日、
都内の下水処理施設の汚泥焼却灰から最高で
1キログラム当たり2万9100ベクレルの
放射性セシウムを検出したと発表した。

 都によると、今月10日から12日の間、
都内すべての施設12カ所から汚泥と汚泥焼却灰を採取。
最高値は江戸川区の葛西水再生センターで、
焼却前の汚泥からも1700ベクレルを検出した。

 都では、3月下旬に採取した汚泥焼却灰から
最高17万ベクレルの放射性物質が検出されたが、
1カ月後に再調査した3施設で1万5千~2万4千ベクレル
まで低下したことを確認。その後、成分調査を進めていた。





浄水場の汚泥からセシウム 千葉県水道局
2011.5.27 19:23


 千葉県水道局は27日、
ちば野菊の里浄水場と栗山浄水場(いずれも松戸市)の
共通の排水処理施設で17日に採取した汚泥から、
1キログラム当たり5390ベクレルの放射性セシウムと
300ベクレルの放射性ヨウ素を検出したと発表した。
北総浄水場(印西市)で採取した汚泥からも、
2650ベクレルのセシウムと685ベクレルのヨウ素を検出した。

 4月16日以降、水道水から放射性物質の検出はなく、
県は「安心して飲用できる」としている。
汚泥は今月23日から搬出を中止し、
処理施設などで保管しているという。

 3カ所の浄水場は、市川市や船橋市など
千葉県北西部を中心に給水。
県が所有、管理し、排水処理は民間資金活用による
社会資本整備(PFI)で運営している。


       ーーーーーーーーーーーーーーー







数値は嘘をつきません・・・。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2011-05-27 22:18 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< ミューチップ法案 可決!?! ... 成田空港 自動化ゲートの運用 ... >>