ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>> levin-ae-..
by tukasa-gumi at 22:37
存じております。しかし、..
by levin-ae-111 at 20:30
移民> levin-ae..
by Tukasa-gumi at 22:21
文化>levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 22:16
クラゲ> levin-a..
by Tukasa-gumi at 22:13
恐ろしいですね。恩知らず..
by levin-ae-111 at 19:09
まあ、殆どが誰かから推薦..
by levin-ae-111 at 19:03
本当に空でしょうか?何だ..
by levin-ae-111 at 18:59
> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 20:11
こんにちは。 そうです..
by levin-ae-111 at 14:15








無料アクセス解析











                            
<< リスク回避はリーダーの決断!?... < > ネガティブ エネルギー  / ... >>
                            
ありがとう!!「フクシマ・ フィフティーズ」/ 原発作業員の皆さん
今朝も無事に何事もなく、
目がさめることができました。

まことにありがたいことです。


自分がなにもできずにいる間にも
懸命に作業をしている人達がいます。




皆さんもご存じのように、
危険な状態が続く福島第一原子力発電所で、
緊急作業にあたる人,

その名を
「フクシマ・ フィフティーズ」と
命名されているます。


『放射線と炎に勇気を持って立ち向かう
 わずかな数の技術者が、福島第一原発に残っている。
 おそらく彼らは、核の惨劇が広がるのを防ぐ最後のとりでだ』





私達はかれらをを称えましょう。
数百万人を救おうと踏ん張る

「50人のヒーロー」を!!






「フクシマ・ フィフティーズ」
本当にありがとうっ!!






・自衛隊
・警察
・消防
・東電の隊員
・職員
・避難地のボイランティア

の方々にも感謝いたしますっ!!!






       ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





[UPDATE]
Japan Hails The Heroic ‘Fukushima 50’ Who Are Risking Their Lives



[アップデート]
『日本は火中の栗を拾う予定である英雄の
 ‘福島50'を呼びます』


‘福島50': これはrealy appericiatingです。
核炉心溶解を逸らすためにそれら自身の命を賭けて、
福島50の想像を絶する勇気は卑しめる武勇の物語です。
公益に関する自爆作戦であるかもしれないものを
受け入れる労働者のグループ。
状態が悪化したとき、
サイトにいた労働者の小さいグループは
「50インチの福島」と呼ばれました。

b0003330_19304674.jpg



それは現在、考えられますが、
そこで働いているその2倍がたぶんあります。
何かが、損害を査定して、
爆発によって引き起こされた放射能濃度です、他のものは、
潜在的に壊滅的な放射線放出を逸らそうとするために
海水で傷ついた原子炉を冷やしますが。

福島50が彼らの義務の委任のための英雄として
歓迎されている間、或るものは、
そのような高科学技術の国がなぜ危険に
人間を入れないようにするための
彼らの技術を利用していないかを質問します。
Otsukiさんは、「発電所の皆が戦い続けています、逃走せずに」
と書きます、臆病の料金を打ち消すと決心しています。
「心配で心配であるすべての居住者にとって、
本当に、私は本当に残念です。」
「それら自身の人生と引き換えにさえあなた方
すべてを保護するために働いている人々がいます。」




       ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
















アメリカのFOXニュースと、アメリカのABCニュースからです。

   ---------------------------------------------------------------------------




FOXニュースでは、このように報道されています。

Fukushima50は、原発従業員、警察、消防、自衛隊からなる
約180人の人々によって組織されているようです。

日本のニュース・サイトの多くは、「50」という数字は、
“決死隊”の人数だと書いています。
人数は50人ではなく、180人ほどだということです。

「50」というのは、危険エリアに長い時間、
滞在できないので、一度に原発に入る人数が
「50人」ということから来ているようです。
また、
「将来ある若者たちに、命の危険のある作業はさせられない」
と考えた英雄たちの平均年齢が、
50歳ということからもFukushima50と
名付けられたようです。

そこには自己犠牲の精神があります。
だから、海外メディアの心を打ったのです。

福島原発での決死の作業の進捗状況は、
1号炉、2号炉の近くにある仮設変圧器まで
高圧電線ケーブルを敷設し、
じきに接続の作業に入るようです。
また、4号炉についても、
同じく変圧器にケーブルをつなく準備に
入ることができたようです。

ただ、通電しても、冷却機器が動くかどうかは未知数ですので、
依然として危険な状態は続いています。
これがダメだった場合は、それなりの覚悟も必要かもしれません。

Fukushima50の人たちは、今朝の時点では、
炉のリアクターを冷やすための海水を手動で供給するなどの
作業をしているとのこと。

内部の放射能濃度は、生命の危機に直結するほど高く、
一度その環境の中に入ったら、防護スーツを着用していても、
長くて15分経過したら、即刻退避しないと命を落とす、
と言われています。
ですので、一度に「50人」ずつの作業員が、
15分を限界に何度も交代で作業に当たっているようです。

特に、ガンマ線は大変危険で、
どんなに高性能の放射能防護スーツを着用していても、
ガンマ線の被爆を防ぐことは難しいようです。

今回の決死の作業員たちの「職場」は、
20~30分その場にいるだけで、
通常の原発作業員が一生分に浴びる放射能を、
浴びてしまうような、危険な環境です。

Fukushima50の人たちが浴びてしまった放射線は、
一生、彼らの健康を悩ませ、寿命に影響すると書かれています。




    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 


ABCニュースでは、

「これがアメリカだったら、作業員全員の名前、
写真、家族、経歴などが紹介され、
国のヒーローとして取り上げられるのに、
Fukushima50の人々の場合は違います。

それは、政府や東電があえて、名前を出さず、
騒がないように対処しているからです。
名も無い彼らヒーローたちは、
真のボランティア精神によって集まった人たちなのです」

と紹介しています。 
だから、欧米人は、いっそう感動しているのです。

日本のマスコミで取り上げないのは、
騒ぎが大きくなることによって、
Fukushima50の人たちの集中力が削がれることを
心配してのことでしょう。
ゆるやかな報道管制がしかれているのだと思います。











--------------------------------------------------------------------------
[PR]
by Tukasa-gumi | 2011-03-18 08:57 | 宣伝 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< リスク回避はリーダーの決断!?... ネガティブ エネルギー  / ... >>