ASPアクセス解析
AX                
                            
<< iMac 24インチから27イ... < > iMac 24インチから27イ... >>
                            
iMac 24インチから27インチへ/ 無償交換への道程 その6
つづきです。



・・・こんなんで、
朝一にコールセンターに電話をして
画面が真っ黒になると説明するも・・・

(後で気付いたのですが
 作動が重くなって動作不良を伴って返ってきたマック君、
 First Aidで検証すると修復せよとのメッセージ有り

 恐々 ディスク投入して直しましたです)



コールセンターの女性には
「暖簾(のれん)に腕押し」状態。




・・・まぁ、こんな事が起きましたとの
報告ということで・・・電話を切るも
何か残尿感がのこるようなスッキリしない状態。

やっぱり「報告」ではなく「依頼」でないと
コールセンター側は意を察してはくれないらしい。

さすが 外資企業だけある。



朝一で電話をしているので本日はまだ
ブラックアウトには至っていないので
何とも言えない(言い返せない)・・・ですし。



そんな思いをマック君は知ってか知らずか
その日は平常可動。

(まぁ スリープの回数多かったですし・・)







転機?がおとずれたのは即日のことでした。


その日の起動後2時間近く経過した時点で
いきなりのブラックアウト。


ィや〜 っ ビビリましたぁー。


画面がスーーっと消えてゆくさまはまるで
モニターの前にいる私を異次元につれて行くかのような
錯覚を覚えさせてくれます。


なにせ 心の準備 が出来ていない状態での
それですから、そりゃもう怖いのなんのって。





さっそく受話器を取りコールセンターへ電話。

聞き慣れたメッセージが流れる中、覚えてしまった
プッシュ番号を押し、名前・受付番号・症状を伝へ
上級スタッフの登場を待つわたし。





上級スタッフが電話口にでて
申し送りの報告文を読むので時間をくれというので
その前に口頭で初回から昨日までの経緯を簡単に伝へました。

(どうせもう一度、説明しないといけないのですから)

報告文を読み終えたスタッフは低姿勢で、
事の状況を理解してくださっているようす。

大人である私もそれに合わせて
クレーマーと思われないように対応する。




この関連の話しはもう術(すべ)を知っているので
スタッフ側の身になって意見を聞いたりとしておりました。
(質問ではない)

例:
「失礼ですが、私のような例ってご存じですか?」

「個人的な意見として何が要因と思われますか?」

「普段は支障きたさないのですが、
 画像関係の仕事の時に困ることがあるのですよ」



・・・などと話すこと数十分(たぶん)





スタッフ側から

「私からの一つの提案なのですか、
 現行商品との無償交換というのはいかがでしょうか?」

との返答をコールセンター側から提示されました。


最初何をいっているのか理解できませんでした。

察するに新品と交換しませんか? と云っているらしい。

(繰り返しますが私が
 クレーマーの態度をとったわけではありませんっ)





正直 今の24インチが気に入っているので
「何か面倒くさいな〜っ」というのが最初の感想。

それに、
アプリケーションの再インストール・データー移行とか
面倒くさいでしょ。





この24インチでの修理で何とか改善できないかと
両者模索するも、決定的な判断は下せず。





現行商品は発送に2〜3週間かかるとのこと
その期間 ブラックアウト24インチ を
使い続けるのはリスクが大きすぎる、
ならば速攻24インチの修理の方が仕事に
支障を来す確率は少ないとも思えたのですが・・・


24インチを修理しても不安は残る・・・
という話しもスタッフ側から出てくる。

(私も賛同する)


私が決めあぐねている中、
アップルさんのサイトをチェックしていると
現行商品は24インチサイズはなく、
21インチと27インチのみの販売。


「ぁの〜 24インチ、売ってないですよ ネ っ・・
 どうなるのでしょう?」

「ぁっ そうですねー、少々お待ちいただけますか。
 上の者に聞いてきます。」


しばし 聞き慣れた保留メロディが流れる・・・


「お待たせいたしました、××様。
 21インチではなく27インチの4ギガをご用意いたします」


「ぉォーっ、アップルさん太っ腹っですネーっ!」




PC業界は日進月歩、
本体価格は下がっているのに
そのハードのパフォーマンスは数段上をいっております。



「ぁ”ー 、このワイヤレスのキーボードって
 テンキー無いですよね、あるのに変更できるですかぁ?」

(どう考えても仕事柄、テンキーは必需品)


等々 メモリー増設やOSのバージョンダウンの質問をする。


さらに
「『先き出し』というシステムがありまして、
 これでしたら1週間ほどで手元に現行商品が届き
 その後24インチを返却していだだければけっこうです。

 この際にはクレジット番号が必要となりますが・・」


「以上、これらは私の判断ではなくカスタマーリレーションの
 判断となりますので休日明け48時間以内に
 こちらからお電話を差し上げるか、お電話を
 いただきたいのですが・・」



ともあれ私自身もアプリケーションの再インストールの
問題があったので確認後、後日あらためて連絡する旨伝へ
あつく御礼を延べ、電話を切ったしだいです。

(ほら最近のソフトって ライセンス認証が
 2台までとか制約があるじゃないですか・・)

 



24インチを再度修理する案もるのですが・・
これは仰せの通り素直に申し出を受けた方が良さそう。



なにしろ今度お願いすれば
5回目 ですからっ!




まぁ、私の物静かな話し方が功を奏した結果 と
考えるのがだとうでしょう。







 もっと もっと つづく
[PR]
by Tukasa-gumi | 2010-05-13 09:55 | へえ〜〜っ ? | Comments(4)
Top↑
Commented by rarewood at 2010-05-13 20:43
素晴すぃ〜ぃぃ♪ ^ ^ v
我が家のG3も新しく成らないかなぁ・・・・・苦笑
貴方が落したのは、金?銀?銅???黒いのです。てな具合に。笑
しっかし、カスタマーとのやりとりって根気が勝負ですね。^ ^;;;
Commented by Tukasa-gumi at 2010-05-13 21:51
>rarewoodさん
ウワサによるとアップルコールセンターは
対応が良いらしいです、他のPC屋さんよりは。

(店舗のジーニアスさんの評価は最近は ? らしいですけど・・)


しかし電話する度に、
「・・社員教育のために録音させていただく場合があります・・」
は何回電話しても 良い気分ではありません。

録音したいのは こっちの方だったりして・・????
Commented by rarewood at 2010-05-16 06:49
確かにアップルコールセンターの対応は悪くなかったかも・・・
カナリ遠い記憶に成ってしましましたが・・・汗
そうそう、社員教育云々で録音って奴は何処のカスタマーサービ
スにかけても聞かされますねぇ。しかも混んでると繰り返して。
「お待たせしました」の声には「大変待ちました」と答えます。w
録音云々のテープにも「ハイハイご苦労さん」等と話す俺。笑
その間も録音されてんのかなぁ??? 謎w
Commented by Tukasa-gumi at 2010-05-16 10:08
> rarewoodさん
知人に国内メーカーのコールセンターに勤務している人が
いるので今度会ったら 録音 聞いてみますネっ。

まぁ、その知人の話しを聞く限りはコールセンター人員は
大変な精神的な激務のようです。

どうやら一部の人に セミプロ がいるらしく、
金銭での解決の場合があるそうな・・・。

・・でも一般の人にとっては 社員教育の為・・ は
とっても気分を害するアナウンスですよネっ!
アクセス解析
<< iMac 24インチから27イ... iMac 24インチから27イ... >>