ASPアクセス解析
AX                
                            
<< 09年度 『 語座・第8回定期... < > 『NASA、2012年地球滅亡... >>
                            
『WHOお勧めのワクチンをポーランド保健大臣が拒否』/ 動画ニュース
『拡散希望!』さんのリクエストに答えまして
globalresearch からの
『WHOお勧めのワクチンをポーランド保健大臣が拒否』の
エントリーをいたします。




主観を入れないためにも
翻訳機能を使って訳した記事を張ります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ビデオ:
WHO後援のH1N1インフルエンザ・ワクチンを
ポーランド人の健康大臣は拒絶しました。


b0003330_13354810.jpg



ポーランドの保健大臣エバ・コパチは、
今日、豚インフルエンザワクチン接種に関する激しい議論の間、
ワクチン接種の安全に関する不十分な情報があるとき、
適任の家族が20年間以上の経験で治療するように、
彼女がポーランドの何百万人もの人々における
試されていないワクチンの使用を認可しないと議会に言いました。

彼女は、ポーランドの政府が製薬会社と共に
サインするべきであった秘密の契約が、
不法な20以上の節を持っていたと言いました。

コパチは、西欧の政府が製薬会社を密約と
契約したことに注意しましたが、彼女には、
ポーランドの人々の繁栄がビッグファーマ*の
利益より重要であると示唆しました。

最終的に、危険で試されていないワクチン接種を
人々に与えるために「豚インフルエンザ」ワクチン接種の
でしゃばりからの増加している
プレッシャーを受けるのに従って、
彼女は、ポーランドの人々が彼らの彼女の
サポートを示すよう呼びかけました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*ビッグファーマ・・・巨大製薬会社のことです。




この辺から ↓ どーぞ

『イギリスの看護師の1/3は豚インフルエンザワクチンを断るでしょう』

[PR]
by Tukasa-gumi | 2009-11-19 13:31 | 図書 | Comments(4)
Top↑
Commented by ○┓ペコリ at 2009-11-20 12:28 x
ブルース・リプトン博士の平和賞受賞:

『環境や意識がDNAのふるまいを変える』

h ttp://subtleeng.thd-web.jp/

適者生存、弱肉強食というこれまでの支配被支配の関係
つまり勝負-恐怖―戦争の構図も変わるでしょう。

心が遺伝子をコントロールし、自分の人生を自分が自律するという
自己責任が台頭し、協力と信頼、空いたと自然調和が
人間進化の基本だということが、よりはっきりするでしょう。

ブルース・リプトン博士は、およそ世界の1%の人間が意識覚醒すれば
インターネットの情報社会の今日では急速に意識のドミノ倒し、
つまり世界覚醒へと繋がると予言された。

また言霊の国 日本がどう意識覚醒するかが
世界覚醒の決めてであるともはなされた。
Commented by Tukasa-gumi at 2009-11-20 19:41
> ○┓ペコリ さん
はて?????

次回からはTBでお願いいたしますネ。
Commented by Ku_uu at 2009-11-21 20:50 x
謎の感染症拡大中   h ttp://www.voiceblog.jp/asao/

ウクライナから拡大したと考えられる感染症が、ノルウェー、スロバキア、オーストリア、
ベラルーシ、ルーマニア、リトアニアなどで拡大を始めたと伝えられている。
現在、情報が錯綜していて、正確な情報が国民に伝えられているかどうかさえわからない状態だという。

h ttp://www.yomiuri.co.jp/science/news/20091121-OYT1T00438.htm

米英でタミフル耐性「新型」ウイルス発見


Commented by Tukasa-gumi at 2009-11-22 14:29
>Ku_uu さん
ジョゼフ・モシェ氏の、
バクスター社のウクライナ研究室がワクチンに変装ですか???
アクセス解析
<< 09年度 『 語座・第8回定期... 『NASA、2012年地球滅亡... >>