ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
ネッシー>levin-a..
by tukasa-gumi at 22:50
イカ >levin-ae..
by tukasa-gumi at 22:46
生物には見えませんね。 ..
by levin-ae-111 at 21:03
イカでまずければ・・..
by levin-ae-111 at 20:54
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 22:28
手足を使って操縦するより..
by levin-ae-111 at 20:07
> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 00:01
私も考えるだけで宇宙船を..
by levin-ae-111 at 22:32
>たか さん 何か炊き..
by Tukasa-gumi at 19:11
みて観ます やはりそう..
by たか at 15:54








無料アクセス解析











                            
<< 多忙につき・・ < > こんな形のビル めっけ! / ... >>
                            
『インドネシアの大臣は、豚インフルエンザが人工であるかもしれないと言います』/ ABS-CBS NEWS
懲りもせず新型インフルエンザのお話です。

チョッと古いのですが・・・

今回もスンゴイ ニュース?が入ってきたので
主観を入れないためにも
翻訳機能を使って訳したのを張ります。





abs-cbnnews.comによりますと


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジャカルタ--インドネシアのHeath大臣Siti Fadilah Supariは、
火曜日に致命的な豚のインフルエンザ・ウイルスが人工で
あったかもしれないと言いました、
彼女が世界中の普及の上の平穏を主張したので。

論争好きな大臣は詳しい言及を避けましたが、過去に、
彼女は、西側諸国が製薬会社の利益を上げるために
開発途上地域でウイルスを作って、
広げることができたと言いました。

「私はウイルスが遺伝子を組み換えられましたが、
それが可能性であるかどうかを確信していません。」と、
彼女は豚インフルエンザの脅威への政府の応答で公衆を
再保証するために召集される記者会見でレポーターに言いました。

病気の症例は全くインドネシア(2003年以来世界中で
約250人を殺している鳥インフルエンザウイルスで
最も被害を受けている国)で報告されていません。

インドネシア人の当局は、空港で体温スキャナを増加させて、
生きているブタと豚肉製品の輸入を禁止しました、
世界的流行病に関する世界保健機関(WHO)警告の中に。

また、Supari(心臓内科医)は、メキシコの150人以上を殺したと
信じられている豚インフルエンザの品種が熱帯諸国で乗り切る
ことができなかったH1N1がインドネシアが好きであると主張しました。

「インドネシアの豚のインフルエンザはパニックの原因では
]ありませんが、私たちはいつも注意深くなければなりません。」と、
彼女は言いました。

「H1N1は国で四季で生き残っています。」
「いったんインドネシアの熱帯の気候に入ると、
タイプA H1N1ウイルスは願わくはそれ自体を支える
ことができないでしょう。」と、彼女は言い足しました。

ウイルスはメキシコ、合衆国、およびスペインを含む
11の国で見つけられました、いくつかのコロンビアから
ニュージーランドまでの他国が疑似患者を調査している間。

Supariは、病気がインドネシアに入るなら健康省が
豚インフルエンザケースを扱うために
100の病院に準備させたと言いました。

2006年以来大臣は、1つの一握りのインドネシアの
鳥インフルエンザウイルスのサンプル以外のすべてを
WHOの研究者と共有するのを拒否しています、
システムが貧しい国が買わなければならない有益なワクチンを
開発するために豊かな国によって誤用されていると言って。

04/28/2009 午後3時22分現在

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


だそうです。



ソースはコチラ




また
鳥インフルの時はこんなこと言ったそうです・・・?




ーーーーーーーーーーーーーーーーー

インドネシアは鳥インフルエンザ陰謀で米国を起訴します。



インドネシア人のHealth大臣は、合衆国と世界保健機関が
鳥インフルエンザのまん延から利益を得るグローバルな
共謀の一部であると言いました、そして、
米国は生物兵器を生産するのにサンプルを使用するかもしれません。

彼女の新しい本に概説されたSiti Fadilah Supari博士の視点は、
鳥インフルエンザの普及を制御するための努力を
ひそかに害すると脅かします。 104の死、世界合計のおよそ半分で、
インドネシアはウイルスのための新しいホットスポットです。

大臣による彼女が、ウイルスのサンプルを共有して、
得られたワクチンへのアクセスを万国に許すのに同意した
というクレームにもかかわらず、それでも、インドネシアは、
人間の犠牲者からのサンプルを共有するブロッキングです。

また、鶏からオーストラリアの実験室に200個以上の
サンプルを送るアプリケーションは拒否されました、
と ヘラルドによる問い合せが明らかにしました。

本に、Supari博士は、WHO実験室がワクチンを
発展途上国に販売して戻すことによって利益を得ることができる
だろうというように西洋の会社に
インフルエンザ・ウイルスを送ったと書きます
: 「世界健康管理のシステムは非常に搾取的です。」
「それは欲張りに基づいて冷酷願望によって制御されて、
 資本を集めて、世界を支配しました。」

米国Defence部の実験室にいくつかの
インドネシアのサンプルを送りました、とSupari博士は言います、
「私たちのいくつかの種ウイルスが、超大国国で生物兵器を開発しながら、
施設として知られている実験室にありました」と言い足して。

個人的に、職員は、彼女が神による駆動の十字軍で不吉で
「新植民地主義者」の世界保険制度に対して婚約したという
(本の表紙の上では、
彼女は「鳥インフルエンザの後ろの神の手」として自分を記述します)
Supari博士の信念で彼女が現実から遠ざかったと言いました。

序論を書いたので、社長(スシロバンバンYudhoyono)は、
本に裏書きしたように見えます。

Yudhoyono博士はインドネシアでウイルスが
制御されているというSupari博士のクレームを支持します、
述べる、「影響を受ける領域の出現頻度と数は減少しています」。

WHOは、コメントするのを断りました、そして、
どんな米国の職員も手があいていませんでした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー






ソースはコチラ



**
続報です ↓
ワクチン途上国不満「開発に協力したのに高価」/本日の新聞より
[PR]
by Tukasa-gumi | 2009-05-11 23:08 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 多忙につき・・ こんな形のビル めっけ! / ... >>