ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 21:21
>鍵コメさん スンゴク..
by Tukasa-gumi at 21:15
しかしながら、やはりデビ..
by levin-ae-111 at 20:53
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:33
こんにちは(^^♪ ま..
by levin-ae-111 at 09:29
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 00:32
私も時々は、夢であったり..
by levin-ae-111 at 19:38
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 20:52
これまた・・・・|д゚)..
by levin-ae-111 at 20:10
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49








無料アクセス解析











                            
<< 続・新型(豚)インフルエンザ陰... < > シミ・シワ・タルミの“ビフォー... >>
                            
続・豚インフルエンザ風評 / はたして豚肉は安全なの??
今朝の朝日新聞に先日のわたしのエントリー

豚インフルエンザ風評 / はたして豚肉は安全なの?? に

答えるべく記事が載っておりました。


以下 抜粋・要約です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
-豚肉 安心して食べて-
 加熱でウイルス死滅


*インフルエンザウイルスは熱に弱く、
 仮に非加熱で口のなかに入っても胃酸で死んでしまう。

*豚のウイルスは呼吸器内だけで増えるので、
 筋肉にウイルスがいるとは考えにくい。

*上記のことからリスクがとっても低い。

*メキシコの食品処理施設では豚をと蓄し皮を 
 はいだ後ぶらさがった状態で消毒洗浄している。

*肉にウイルスがついていても手あらいで落ちる。

*豚肉を輸入禁止した国は過剰反応で理解できない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


なるほどー 安心ですねーっ、豚肉。

・・とはいえ日本は 生きた豚 を
繁殖の為現在も輸入しております。

そして、
感染者が最も多いメキシコや米国などからの
豚肉製品の輸入禁止措置を取る国は中国・ロシア・
フィリピン・タイ・インドネシア・アラブ首長国連邦・
カリブ海地域・ウクライナ・カザフスタン・セルビア
などで、韓国は米国から生きた豚の輸入を禁止しまた。。

(あの 豚肉消費大国の中国もですっ、
 カーク米通商代表部(USTR)は、
 日本政府が米国からの豚肉輸入を禁止していないことを
 歓迎する考えを示しました よネっ)




?・・・以前のBSEの危険部位の輸出・発覚が
あったので イマイチ疑問・不安が残るのですよ−っ、
小心者の私は。

というのは 政府発言にあるように
「新型インフルエンザには未解明な点があるので・・」

(事実、
 90年前のスペインかぜ では途中から死者が急増した
 記録があります)


後で 実はアアだった コウだった みたいな事実報道が
あってからでは困りますから・・・。

b0003330_1805817.jpg

米カリフォルニア州の患者から採取し、米疾病対策センターが
公表した新型インフルエンザウイルスの電子顕微鏡写真
(ロイター=共同)




とはいえ まぁ食品は安全だと思うワケなのですが、

(どっちなんだよーっ)

今回の新型インフルエンザは
ヒトからヒトへの感染なのですよねっ?

(弱毒性らしいですけど・・・
 とはいえ死亡者が沢山でているワケですよ、現実に)



んでもって、潜伏期間があるのですよネっ?

(サーモグラフィ・・・潜伏者には ねェ・・)


いくら空港や機内での水際作戦を行っても
実質ムリでしょう?
現在のヒトの移動量をかんがみれば。

(このインフルエンザの感染が12ヶ国で確認されております)






もう少し情報がほしいところです。











 
[PR]
by Tukasa-gumi | 2009-04-30 12:20 | 図書 | Comments(2)
Top↑
Commented at 2009-04-30 21:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Tukasa-gumi at 2009-04-30 23:22
>MrP さん
コメントありがとうございます。
なるほど・・そのような意見もあるわけですね。

重ね重ねコメントありがとうございます。
アクセス解析
<< 続・新型(豚)インフルエンザ陰... シミ・シワ・タルミの“ビフォー... >>